女性ホルモンの乱れが引き起こす体の不調って?

女性ホルモンの乱れが引き起こす体の不調って?

「女性ホルモン」という言葉は聞いたことがありますよね。
この「女性ホルモン」が乱れてしまうと私たち女性の体は不調をきたしてしまうことをご存知ですか?
また、「女性ホルモン」の乱れは、体だけではなく心の不調をもきたしてしまうとも言われています。
そこで、今回は「女性ホルモン」の基本知識と、その乱れによって引き起こされる体と心の不調についてお話します。




目次

1.女性ホルモンって?
2.女性ホルモンの乱れによって引き起こされる体への影響とその症状
3.女性ホルモンを乱れさせないためにできること
4.まとめ
5.目次タイトル5

女性ホルモンって?

pinnku
「女性ホルモン」という言葉はよく耳にするけど、そもそも「女性ホルモン」って何なの?
と思われる方も多いのではないでしょうか。
「女性ホルモン」とは、女性が妊娠・出産のできる体を作るべく、卵巣で作られる2つのホルモンの総称だと言われています。
その2つのホルモンとは、
①エストロゲン
②プロゲステロン
です。
では、この2つのホルモンを説明します。

①エストロゲンは、女性らしさを作る「美のホルモン」と呼ばれていて、肌に潤いを与えたり、新陳代謝を促進させ太りにくく痩せやすい体を作ります。
さらに最近では、記憶力を良くすると言った働きがあることが分かっています。

②プロゲステロンは、妊娠を維持する働きがあります。妊娠をサポートするために不可欠なもの。
また、血糖値を正常にしたり、体脂肪を減らしホルモンバランスを調整する役割があります。

この2つのホルモンがバランスよく分泌されることで、体のバランスが作られていると言っても過言ではありません。
では、この「女性ホルモン」のバランスが崩れると体にどんな症状が現れてしまうのでしょうか。

女性ホルモンの乱れによって引き起こされる体への影響とその症状

zutuu
「女性ホルモン」のバランスが崩れてしまうと、体にどんな影響があるのでしょうか。

生理不順

生理というのは、「女性ホルモン」がとても影響しています。
エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れてしまうと、生理が止まってしまったり、生理不順になってしまったり、また過多月経になってしまったりと、様々な影響があるんです。
生理不順は軽く見てはいけない症状です。
生理不順は、不妊や流産の原因にもなってしまうとも言われています。
だから、早め早めの対処が必要です。

PMS(月経前症候群)

近年、増えつつあるこのPMSという症状。
文字の通り、月経前にイライラしたり、精神的不安に陥ったり、頭痛や腰痛などが現れる病気のこと。
このPMSは、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされることが分かっています。
PMSの症状は人によって様々。
重症化してしまうと、仕事や生活に支障が出てしまうこともありますので、対処は早めの方がいいのです。

不妊症

「女性ホルモン」のバランスが乱れてしまうと、不妊症になる確率が高くなるということが研究で分かってきています。
「女性ホルモン」の乱れによって生理不順になり、エストロゲンの分泌が十分に行われず排卵が起きない「無排卵月経」という症状がおき、不妊症に繋がってしまいます。
そうなる前に、対処が必要です。

肌荒れ

「女性ホルモン」のバランスが乱れてくると、肌荒れやニキビを引き起こす原因にもなります。
生理前にニキビができやすい…
という方も多いのではないでしょうか。
それは、生理前には、エストロゲンが減りプロゲステロンが分泌されてしまうことにより起こると言われています。肌荒れを防ぐには、食生活の改善も良いですが、ホルモンバランスの乱れを整えることも大切なのです。

女性ホルモンを乱れさせないためにできること

sarada
「女性ホルモン」が乱れてしまうと体に様々な影響があります。
では、どうすれば「女性ホルモン」を乱れさせないようにできるのでしょうか。
まずは、生活習慣を見直しましょう。
睡眠不足になっていませんか?
睡眠中に分泌されるホルモンは、疲労を回復する成長ホルモンの他に身体をつくるホルモンが分泌されています。
だから、しっかりとした睡眠をとる必要があるのです。
次に、食生活。
「女性ホルモン」と同様の働きをすると言われている大豆イソフラボンやビタミンB6やビタミンEを積極的に摂取しましょう。
大豆イソフラボンは納豆や豆腐に多く含まれています。
また、ビタミンB6はカツオ、レバーなどに。
ビタミンEはアボカドやかぼちゃに多く含まれていますので、日常の食生活に取り入れやすいですね。
さらに、身体をしっかり休ませることも大切。
疲れた時はゆっくりと身体を休ませましょう。
また身体だけでなく、脳を休めることも大切。
「女性ホルモン」は脳の指令によって分泌されています。
ホルモン分泌の司令塔とも言える脳を時には休ませてあげることも大切です。

まとめ

何かと忙しい現代社会を生きる私たちは、日常的にストレスを感じてしまっています。
知らず知らずのうちにストレスがたまり、身体は悲鳴をあげているかもしれません。
「女性ホルモン」の乱れは現代病とも言われています。
行き過ぎたダイエットや、過労、ファストフードなどの食べ過ぎ…そんな生活の乱れが「女性ホルモン」の乱れを引き起こします。
ちょっとした心がけで、「女性ホルモン」の乱れを整えることができます。
もう一度、自分の体のことをしっかりと考えてみてください。


関連記事


ランキング