自分の色を見つけよう!パーソナルカラーを知れば失敗なし!

自分の色を見つけよう!パーソナルカラーを知れば失敗なし!

こんな経験はありませんか?
口コミで評判の良いリップやアイシャドウを使って、自分には合わなかったこと。
洋服を選んでいて、好きな色と柄なのに試着して鏡を見たらしっくり来ない。
これらはパーソナルカラーが関係しています。
パーソナルカラーとは自分に合った色のこと。
今回はパーソナルカラーの話をしたいと思います。




目次

1.パーソナルカラーを知るメリット
2.肌タイプは2種類に分けられる
3.季節の4パターンに分類される

パーソナルカラーを知るメリット

カラー
冒頭でもお話ししましたが、パーソナルカラーとは自分に合った色のことをいいます。
その人の生まれ持った肌、髪の色や質感、目の色、唇の色などを元に、個性や魅力を最大限に引き出せるカラーをパーソナルカラーと呼びます。
このパーソナルカラーを知ると、メイクのカラー選びや洋服選びが楽になり、失敗がなくなります。
自分の魅力を活かすメイクやコーディネートができるので、モテ女への第一歩になるはず!
自分に合う色はどうやって探せば良いのでしょうか。
次からパーソナルカラー診断のお話しに移りたいと思います。

肌タイプは2種類に分けられる

肌のタイプ
パーソナルカラー診断では、肌のベースがブルーベースイエローベースの2タイプに分かれます。
自分がどちらのベースなのか判断基準は血の色味です。
頬、手のひら、血管、唇などの色を見ます。
色白だからブルーベース、黄色の肌だからイエローベースというのは間違いで、色黒のブルーベースや色白のイエローベースもいます。

・ブルーベース

頬や手のひらに赤みがあり、色は青みのあるピンクやローズピンク。
血管の色は青や赤が強い。
唇の色は深いワインレッドやローズピンク、紫など。

・イエローベース

頬や手のひらに赤みが少なく、あってもオレンジやピンク寄り。
血管の色は緑、または薄くて見えにくい。
唇の色はベージュやベビーピンク。

季節の4パターンに分類される

女性
春、夏、秋、冬
パーソナルカラーはブルーベースとイエローベースに加えて、こちらの4タイプに分類されます。
自動的にブルーベースは夏か冬、イエローベースは春か秋になります。
良く言われる第一印象、地毛や質感、瞳の色で判断します。
それぞれの特徴は以下になるので、自分と照らし合わせてみてくださいね。
それぞれの似合う色も説明していきます。

・イエローベース春

第一印象は若々しい、明るい、可愛らしい。
地毛は明るいブラウンでサラサラした細い髪。
瞳の色も明るいブラウン。
アイドルや芸能人に多いタイプのようです。
合う色はオレンジやイエロー、黄緑の元気なビタミンカラー。
サーモンピンク、キャメルやベージュも似合います。
春の花壇に咲いているような花の色が良く似合いますよ。
逆に避けたいのはグレーやブラックなどの重苦しい色になります。

・イエローベース秋

第一印象は落ち着いている、温かみがある、大人っぽい。
地毛はダークなブラウンか黒で、質感は重め。
瞳の色も暗めで白目と黒目の境目があまりない。
合う色は深みのあるオレンジ、レンガ色、ブラウンなど紅葉や実りの秋を思い浮かべるカラー。
ダークなチョコレートブラウンも良く似合います。
避けたい色はショッキングピンクや鮮やかなブルーなどビビットな強い色。
元の作りがはっきりしているので、淡いカラーも得意ではないようです。

・ブルーベース夏

第一印象はクール、大人びている、エレガント。
地毛はソフトなブラックで、細くて柔らか。
瞳の色もソフトなブラックで白目と黒目の境目はあまりない。
アニメのライバルやクールキャラに多いと言われています。
合う色はラベンダーやスカイブルー、ローズピンクなど爽やかな夏の色。
パステルカラーやスモーキーな色が得意です。
避けたい色はオレンジやイエローの黄みのある色。
ブラウンも苦手に分類されますが、優しいココアブラウンは合う人が多いようです。

・ブルーベース冬

第一印象はシャープ、華やか、個性的。
地毛は濃いブラックでツヤがあり、硬くて太い。
瞳の色は瞳孔が見えにくい暗い色で、白目と黒目の境目がはっきりしています。
合う色は深紅や純白などのはっきりした色、黒やグレーのモノトーンが似合います。
ひんやり冷たいシャーベットカラーも得意です。
避けたい色はスモーキーで濁った色、オレンジやゴールドなど黄みが強い色になります。

以上が4パターンの特徴と似合う色です。
いずれも自分の生まれ持った色を活かすというのが、パーソナルカラーの基本になります。より詳しく、確実にパーソナルカラーを知りたい人はプロの診断を受けてみてくださいね。


関連記事


ランキング


おすすめ記事