お雛様トップ

今更聞けないシリーズ!3月3日女の子の日を祝う訳と祝い方のまとめ!!

間もなくやってくる3月3日の女の子の誕生や成長を祝う「桃の節句」!
この桃の節句をなぜ祝うようになったのかや祝い方などを徹底的にまとめていきます。




目次

1.なぜ3月3日に桃の節句を祝うの?
2.3月3日に桃の節句を祝う由来
3.桃の節句と端午の節句の違い
4.桃の節句があるのは日本だけ?世界の桃の節句
5.雛人形を飾る理由
6.桃の花を飾る理由
7.ひな祭りのお祝いの仕方
8.初節句って何?
9.初節句のマナー
10.早生まれの子はいつが初節句になるの?
11.まとめ

なぜ3月3日に桃の節句を祝うの?

初節句
桃の節句はもともと『上巳(じょうし又はじょうみ)』の節句と呼ばれていました。
上巳は、3月の最初の巳の日をさしていて昔は、3月の最初の巳の日が桃の節句の日でした。
しかし、近年になって3月3日が『桃の節句』と定められるようになったのです。

3月3日に桃の節句を祝う由来

もともと桃の節句の日に草や木、紙、藁などで作った人形(ひとがた)に家族や自分の厄をうつし川などに流すという習わしがありました。
この習わしと、平安時代に貴族階級の女の子たちが人形を使って遊ぶ遊び「ひいな遊び」が結びつき、海や川に厄を取りつかせた人形を流すお払いの行事『流し雛』が桃の節句の始まりだといわれています。
江戸時代になると上巳の五節句(七草節句、桃の節句、菖蒲の節句、笹の節句、菊の節句)に定められ5月5日菖蒲の節句(端午の節句)は男の子の節句のため、3月3日を女の子の節句にしたといわれています。
五節句は、節句の時期に咲く縁起のよい花や言い伝えのある草花が名前に入っていて、桃の節句の場合は、3月ごろ桃の花が咲くことや、桃が魔除けになることなどから桃の節句と呼ばれているようです。

桃の節句と端午の節句の違い

桃の節句
時期:3月3日
由来:人形に厄を付け流していたことなどから現代では女の子につく厄を雛人形に引き受けていただき美しく成長してほしいという願いから

端午の節句
時期:5月5日
由来:陰謀により国を追われ自殺した中国の政治家「屈原」の供養のために5月5日に祭りが行われたのが始まりだといわれています。
   三国志の時代になると5月5日の祭りで病気や災いを除けるという宮中行事になり、日本にも伝わって端午の節句、または菖蒲の節句と呼ばれています。

桃の節句があるのは日本だけ?世界の桃の節句

「節句の習慣」は、中国から伝わったものだといわれ、多少なりとも中国の影響を受けているといえます。
しかし、現在日本で行われている桃の節句は、日本独自の習慣です。

また、世界で「ひなまつり」を行っているのも日本だけです。
最近は、海外の方が雛人形の美しさに魅了され、買って母国に帰られる人もいるようですが、お祭りのためというより、美術品感覚で買われる方が多いようです。
ちなみに、英語圏では、「the Girl’s Festival」と言われ、直訳するとまさしく「女の子のためのお祭り」なのです。

雛人形を飾る理由

お雛様
次は、なぜ雛人形を桃の節句に飾るのか。
その理由は、
『女の子の厄を雛人形にかわってもらうため』!
さらに
『お雛様のように美しく成長し、ステキな結婚相手を見つけられるように』
という願いも込められています。

桃の花を飾る理由

桃は、実は2500年以上前から中国で栽培されていたといわれています。
桃の花は美しい以外にも、厄除けや魔除けの力があり、人に長寿をもたらすと信じられていました。
様々な書物には桃の不思議な力で人々が助けられたという話が多くあり、生命力の象徴として桃の咲く時期に行うひな祭りで飾るようになったといわれています。

ひな祭りのお祝いの仕方

続いては、ひな祭りの正しい祝い方についてまとめていきます。

・ちらし寿司

ちらし寿司
ひな祭りには生まれた女の子の健やかな成長を祝うという意味があります。
そのため、料理をふるまって盛大にお祝いするのが一般的。
その時に欠かせない食べ物といえば『ちらし寿司』ですよね。
ちらし寿司は、春になると新鮮な魚介を食べ食べ物に困ることなく健やかに育ちますようにという願いが込められています。
魚介や野菜、きゅうり、卵、ノリなど様々な食材を混ぜ込む栄養満点のちらし寿司を華やかに飾って振舞うのですね。

・はまぐりのお吸い物

はまぐり
ひな祭りに欠かせないものと言えば『はまぐりのお吸い物』!
ではなぜ、はまぐりを食べるのか、ご存じですか?
実は、はまぐりの貝殻は、絶対に対の貝殻しかぴったりと合わないというところから蛤が食べられています。
江戸時代ごろまで、蛤の貝殻を使って対の蛤を探すという遊びがあったほど、当時は女の子の人気の遊びの一つだったようです。
将来、ぴったりと合う幸せな結婚ができるようにという願いが込められています。

・ひな人形

ひな人形は、女の子が生まれた家庭で飾るものですが、幸せに、健やかに、心豊かに育ってほしいという願いを込めて飾ります。
家が大きい場合は、何段にもなる大きなひな壇を飾ることもありますが、住まいの環境によっては、お内裏様とおひな様を飾るだけでも問題はありません。
地域によっては、ひな壇よりも「吊るしびな」という天井からつるした雛人形を飾る風習もあるので、住まいの環境に合わせて飾るおひな様の規模に決まりはありません。

初節句って何?

赤ちゃんが生まれると「初節句」という言葉を聞く機会が増えると思います。
「初節句」は、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句の事で、男の子の場合5月5日、女の子は3月3日に初節句を迎えます。

初節句のマナー

初節句にもマナーがあるので確認をしておきましょう。

・招待する人は?

一般的に「両親」「親戚」「出産祝いをくださった方」「名付け親」などをお呼びし盛大に祝う風習が残る地域もあります。
最近では、両親だけ呼び、負担の少ない形で初節句をする家庭も増えているので、初節句の時期は、特に両親と祝い方を相談しておきましょう。

・お祝いを頂いたら

「初節句祝い」を頂く場合もあると思います。
そんなときは、頂いた金額の半返し程度の品物を贈るのが一般的です。
その際には、お礼状も添え、感謝の気持ちを伝えるのも忘れずに!

早生まれの子はいつが初節句になるの?

赤ちゃんが生まれて間もないうちに節句が来る場合は、赤ちゃんやお母さんの体調を第一に考え行動します。
特に問題がなければ生まれて間もないうちでも初節句を行う場合もありましが、なかには翌年に初節句を行う場合もあります。
これも、両親のお祝いする時期についても相談しておくと良いですね。

まとめ

今回は、3月3日に女の子の日を祝う理由などをまとめてみました。
間もなく訪れる桃の節句のマナーや由来を知って、自分の成長を願ってくれた両親に感謝する日にしたいですね。


関連記事


ランキング


おすすめ記事