あなたはどっち派?子供の幼稚園選びの基準。勉強?遊び?どっちを重視する?

あなたはどっち派?子供の幼稚園選びの基準。勉強?遊び?どっちを重視する?

間もなく、新学期!

うちの子はまだ2才だし、幼稚園まであと1年あるから平気

って思っているママ…。

それじゃぁ、幼稚園探しに乗り遅れますよ!!
早い幼稚園では、3月の終わりから、遅くとも、4月中旬までには、幼稚園のプレスクールが始まります。
慌てて幼稚園を決めてしまわないように、遊び派、勉強派どちらの幼稚園が子供に良いのか調べてみました。




目次

1.幼稚園1年のスケジュール
2.幼稚園のプレって何?
3.プレでは何をするの?
4.幼稚園を決める基準は何?
5.みんなはどうやって決めているの?
6.幼稚園選びに後悔しないために
7.まとめ

幼稚園1年のスケジュール

運動会 幼稚園
幼稚園のスケジュールは意外にタイト。
3才~6才までの小さな子供たちは毎日、色々な事を学んでいるんですね。

幼稚園の大きなイベントには
・運動会
・学芸会
・クラブ発表会

などがあります。
他にも、
・授業参観
・懇談会
・お歌の発表会
・お別れ会
・入学祝い

などの大人も交えてのイベントも盛りだくさん

このイベント毎に子供たちは様々な出し物や発表の練習を積み重ねているのですね。

幼稚園のプレって何?

プレ幼稚園・プレ保育と呼ばれる幼稚園になれるための『未就園児クラス』の幼稚園体験期間の事を言います。
2年保育の場合・4歳になる年の春から
3年保育の場合・3歳になる年の春から

それぞれ、スタートするプレ!

事前に幼稚園の方針や先生方の雰囲気を事前に確認できるほか、ママ同士の交流などメリットがたくさんあるのです。

プレでは何をするの?

プレでは、実際に園で取り組んでいる活動を幼児用に構成しなおし、親も一緒に楽しみながら活動をします。
(一部幼稚園では、プレから親子を完全に離して活動する場合もあります。)
活動内容には

・制作活動
・リトミック
・ダンス
・英会話
・季節イベント活動(クリスマス・ハロウィン・盆踊りなど)
・お誕生日会

などの活動を行います。
幼稚園によってその内容や活動方法は様々!
幼稚園の特色が色濃く出る部分なので、プレの内容で幼稚園を選ぶママもいますね。

幼稚園を決める基準は何?

勉強をする子供
幼稚園を決める基準は皆さん何ですか?

・地域ごとの人気?
・力を入れている活動?
・勉強派?運動派?幼稚園の教育方針?
・自宅との距離の近さ?

色々な基準があると思いますが、私が一番オススメしたい幼稚園の選び方は、子供の性格別だと思います。
お外遊びが大好きで、色々な事に興味がある子が、机上の学習メインの幼稚園だと力をもてあましちゃいますよね。
逆に、虫が苦手で制作が得意な子に外遊び中心の幼稚園は、毎日が苦痛になってしまうかも…

3年~2年もの長い間通う幼稚園になるので、子供の楽しく過ごせる幼稚園を見つけてあげたいですね。

みんなはどうやって決めているの?

では、みんなはどうやって幼稚園を決めているのか…気になりますよね!

・自宅からの近さ

幼稚園在園中は何かとママの幼稚園へのお出かけも多いもの
そのため、できるだけ自宅から幼稚園まで近い事を望まれる家族が多いようです。

・バスを運行している幼稚園

幼稚園によっては、スクールバスを運行している幼稚園があります。
時間どうりに自宅周辺から幼稚園、帰りは幼稚園から自宅周辺まで送ってくれるので、忙しいママには助かるシステムですね。

・お預かりがある幼稚園

幼稚園によっては、延長保育を実施している幼稚園があります。
幼保一貫園というやつですね。
幼稚園と保育園の良い部分を併せ持つ園で両親が共働きや母子・父子家庭にはありがたい制度。
専業主婦・夫も幼稚園を選択できる時代なのです。

幼稚園選びに後悔しないために

幼稚園選びは実は子供の成長にとっても重要なのです。
もちろん、入園金や制服代なども合計すると数十万円になる支出になるので、幼稚園を途中退園はしたくないですよね。
後悔しないためにも、早いうちに幼稚園の特色や教育方針などを調べ、幼稚園について調べる必要がありそうです。
ママ友を作る口述にもなるので、公園や地域の交流会などで、情報交換をしてみてください。

まとめ

幼稚園外遊び
我が家では、2人の子供が現在幼稚園に通っています。
幼稚園選びで重要視したのは、
・自宅から近い事
・遊びも学習も文武両道な幼稚園(園で英語教室とバレー教室がありどちらも通っている)
・御月謝が安い(都内の幼稚園ですが、給食費、バス代、英語、バレー教室代合わせて4万円ちょっととお手軽価格!)

の幼稚園を選び出し、通わせています。
たった3年ですが、されど3年!
子供たちはのびのびと自宅にいるよりも元気に、子供らしく活動しているように見えます。
大人の希望も大切ですが、子供が楽しく通えるのが何より一番ですよね!!


関連記事


ランキング


おすすめ記事