“しつけ”のイライラ解決法は「できるようになるのを待つ」こと!?

“しつけ”のイライラ解決法は「できるようになるのを待つ」こと!?

子どもを育てていると

「何度も言ってるのに」
「何回言えばわかるの?」

というようなこと、よくありますよね。
何度も何度も注意してもできない、約束を守ってくれない我が子にイライラいしてしまう、ということも。
今回は、そんな子どもへのイライラを解消させるちょっとした技!?をご紹介します。




目次

1.ママのイライラ、何とかならない!?
2.子どもが大きくなってもイライラは続く
3.何度も注意していると
4.解決するには、冷静に考え直すこと
5.子どもができるようになるのを待つことも
6.まとめ

ママのイライラ、何とかならない!?

子どもに何度も注意しているのにできない
なんで?
と毎日思っているママも多いことでしょう。
例えば小さい子どもに多い、
食事のシーンでのイライラ

何度注意を促しても、毎回コップを倒して水をこぼしてしまう。
肘をついたまま食事をする。
食べこぼしがひどい。
などなど…

食事は3度の食事に加えおやつの時間を入れると1日4回
そのたびに机を汚され水をこぼされるとなると、そりゃあママも何とかしてもらいたいと思いますよね。
毎回「こぼさないでね!」、「肘つかないよ!」と優しく注意してもなかなかできない子ども。
どう対処すればよいのでしょう?イライラ2

子どもが大きくなってもイライラは続く

小学生くらいになってくると、さらにイライラする機会が増えてきます。
ここまでくると、生活習慣はある程度確率しているものですが(そうあってほしいのですが)
だらしのない一面が出てきたりそれが目立ってきたりするもの。
子どもの性格によっていろいろだと思うのですが、何度言っても

「ランドセルを玄関に置きっぱなしにする」
「宿題を夕飯までに終わらせていない」
「おやつを食べ過ぎて食べられない」
「食べ終わったものをキッチンまで下げる約束なのに忘れてしまう」
などなど…

イライラは子供が大きくなっても続いてしまうものですよね。イライラ5

何度も注意していると

毎日毎日注意しているのに、またそれができていない事が続くと

「ねえ、何回言えばわかるの?」
「いい加減にしなさい」
「もうママ嫌になってきた」

と、ママも疲れ果ててきますよね。
自分で怒っておきながら自分が一番疲れて終わる
そして、怒った後に、怒りすぎた事を心の中で反省しては、凹む…私もいつもこのパターンです。イライラ3

解決するには、冷静に考え直すこと

2児の子育てをしながら、さまざまな育児本を読んで試行錯誤してきた中で、私が一番納得できた解決策は以下です。
それは、毎日子どもに怒っていること、イライラしていることを冷静考え直してみる方法。
具体的に、以下の問いを自分自身に問いかけてみる。

1.子どもに求めている内容が(改善してほしいこと)、子どもの成長に合っているか?
2.子どもに求めている内容が、今時点の子どもが本当にできることか?
3.自分がそうしてほしいと思っているだけではないか?
4.子どもが今すぐ本当に改善しなくてはいけないとか?成長と共にできるようになることではないか?

例えば、小さい子どもが食事中に何度注意しても食べこぼしがひどい、という問題。
ママとしては「きれいに食べてほしい」し、「もう〇歳になったのだからもう少しこぼさずに食べようね」と思っている。
そこで、上の問いを自分自身に問いかけてみます。
その問いに冷静に向き合ってみると、実はママがむきになっているだけで、大目にみることができることの方が多かったりするものです。イライラ4

子どもができるようになるのを待つことも

子どもが小さい場合、ママが日々怒っていることの多くは、子どもの成長とマッチしていないというか、子どもができるようになるまで待てずに一生懸命“しつけ”をしていることが多いのかなあという気がします。
自分への反省も込めてそう思います。
・お友達は食事をこぼさずに食べている
・お友達は肘をつかずにお行儀よく食べている
もちろん行儀よく食べることを繰り返し教えることは大切ですが、子どもの指先がもっと器用になったり丁寧にできるように心身が発達すると解決されていく問題が多いのが事実です。

まとめ

ここまで、私の育児経験からイライラしない育児について書いてみました。
結果、私自信も反省したり、試行錯誤していたな…と言う感想でした。
きっと今育児をしているママのほとんどが共感してくれるはず。
ただ、一つだけ注意したのは、”しつけ”と”虐待”は紙一重だということ。
イライラが貯まりすぎると、誰でも子供を叩いてしまったり怒鳴ってしまったり…
エスカレートすると、虐待になってしまうんです。

しつけが虐待になってしまう前に、

深呼吸をして
気持ちを落ち着かせ

余裕があれが

甘い物を食べたり
好きな飲み物を飲んだり

子供のイライラからいったん目を離してみるのもイライラ改善に役に立つかも!

ママの笑顔が家族の太陽になるんです。
辛くなる前に休憩しながら、育児していきましょうね。
イライラ6


関連記事


ランキング