「できてしまったシミ、まだあきらめないで!!自分でできるシミ予防&シミを薄くする方法を徹底的に調べてみました~」

「できてしまったシミ、まだあきらめないで!!自分でできるシミ予防&シミを薄くする方法を徹底的に調べてみました~」

シミ対策というのは、大きく分けて2種類あります。
1つ目はシミ予防をすること。
2つ目はできてしまったシミがこれ以上濃くならないようにケアすること。

できてしまったシミを完全に消すことは難しいことです。
だからといってあきらめてしまったら、シミは進んでしまうのです。
色が濃くなってしまったり、数mmだったものが数cmになってしまったりします。
だから、いま現在シミがあろうがなかろうが、シミ対策を気をつけていることはすごく大事!
シミについていっしょに考えていきましょうね!
美肌3




目次

1.紫外線
2.肝斑
3.肌荒れによるシミ
4.そばかす
5.ハイオロキノン
6.馬油

紫外線

シミの原因はもちろん、紫外線が一番大きな理由です。
太陽に当たれば当たるほど、シミができてしまうのは有名な話。
でもそれはなぜでしょうか??
その現象を簡単に説明しましょう。

紫外線を浴びると、紫外線の刺激に負けないように、と肌ががんばるので、メラノサイトという細胞が活性化してしまいます。
そうなると、肌が黒くなってしまうのです。
あるとき突然シミができたように思えるかもしれませんが、
実は若いころから浴びてきた紫外線の影響で、メラノサイトが蓄積し、シミとなって肌に現れます。
最初のころは薄い茶色でも、加齢とともに濃い色になってきてしまうので、早めのケアが大切です。
空

肝斑

肝斑と呼ばれる、女性ホルモンの影響によってできるしみもあります。
ピルや妊娠と関係があり、50代を過ぎるとあまり発生しなくなります。
妊娠時には濃くなりやすいので、出産経験が多い人ほど肝斑が多い傾向にあります。
頬骨の周りや額、口元など場所はさまざまですが、左右対称に発生してしまうので、けっこう目立つのが問題です。
ただ色が薄いという特徴があるので、比較的メイクでカバーしやすいでしょう。
また紫外線にあたりやすい部位に、肝斑ができることが多く、紫外線を浴びるとシミが濃くなるので、やはり紫外線予防は欠かさないようにしてください。
メイクの前に、秋冬でも日焼け止めを塗る習慣をつけると、シミ予防になりますよ。

肌荒れによるシミ

睡眠不足やストレスなどにより、肌荒れが起こると、その部位がシミになるケースも多いです。
またニキビのあともシミになりやすいです。
色素細胞が刺激されると、メラニンがたくさん作られてしまって、色素沈着が起こり、シミとなって肌に現れてしまうからです。
だから規則正しい生活習慣を心がけて、ストレス解消にも気を配って生活していると、シミ対策もできるんですよ。
また水分をたくさんとって、体内の循環をよくすることも大切です。
適度にリフレッシュできるゆとりをもって、日常生活を送れるように心がけてみてくださいね。

そばかす

そばかすもシミの一種です。
これは遺伝的なことが多く、完全に防ぐことは難しいですが、シミ対策を行うとそばかすを薄くすることはできます。
紫外線を浴びればそばかすも濃くなってしまうので、やはり紫外線予防は欠かさないほうがよいでしょう。
また美白化粧水を活用すると、そばかすも薄くなります。
日焼けをしたあと、数ヶ月後にあらわれるそばかすもあります。
肩や背中など広範囲にわたることもありますが、自分では気づいていないケースもあるので注意してみてくださいね。
美肌1

ハイドロキノン

シミ対策に欠かせないスキンケア商品としては、ハイドロキノン配合のものです。
ハイドロキノンが多ければ多いほど、シミ対策には効果的です。
ハイドロキノンはメラニンを分解する働きがあるので、徐々にシミを薄くしていってくれるのです。
美容皮膚科でも使用されている安全な成分なので、日常的に使用しても大丈夫。
ドクターズコスメと呼ばれる専門的なコスメもどんどん開発されているので、コスメ情報を細かにチェックして、自分にあうものを見つけてみてください。
シミ対策はあきらめてしまう人が多いのですが、あきらめないことが肝心です。
毎日、目に見える変化はなかったとしても、数週間、数ヶ月続けていくうちに、少しずつ効果があるはずなのです。
その効果を信じて、日々ていねいにケアしてみてください。

馬油

馬油のシミケア効果が最近また注目されています。
馬油とは、馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂で、昔から皮膚治療に使われてきました。
最近では美容にも活用されていて、抗炎症作用や血行促進作用があるので、お肌のターンオーバーが促進されるという効果があります。
新陳代謝が活発になると、美白効果も高まり、シミ対策にもばっちりなのです。
あまりなじみがない方でも、すぐに使いやすいアイテムなので、ぜひ一度試してみてくださいね。
美肌6


関連記事


ランキング