動物園 トップ

知的障害のある子供とのお出かけ!埼玉県立こども自然公園へ行ってきました!!

知的障害のある我が子と、埼玉県立こども自然公園へ行ってきました。
その時の楽しかった思い出と、バリアフリー情報などをご紹介します。




目次

1.埼玉県立こども自然公園の基本情報
2.埼玉県立こども自然公園へのアクセス
3.障害者専用駐車場はある?
4.埼玉県立こども自然公園の入場料と障害者割引
5.来園者の満足度が高い理由
6.行く前に見どころチェック
7.お弁当を持参してもいい?
8.持ち込みが禁止されているもの
9.小さな子供も遊べるエリア紹介
10.我が家流埼玉県立こども自然公園の楽しみ方
11.まとめ

埼玉県立こども自然公園の基本情報

まずは、こども自然公園の基本情報から!

名称:埼玉県立こども自然公園
住所:埼玉県東松山市岩殿554
電話:0493-35-1234

埼玉県立こども自然公園へのアクセス

埼玉県立こども自然公園へは、車かバスで行くことができます。

◇車の場合

・東京方面
関越自動車道「鶴ヶ島IC」から坂戸方面へ降り、国道407号で東松山方向へ
「宮鼻」交差点を左折、直進約3km

・群馬方面
関越自動車道「東松山IC」から川越・川島方面へ降り、「インター前」交差点右折、
T字路「米山大橋(北)」交差点を右折、次の信号(「西本宿」交差点)を右折、直進1km

◇バスの場合

東武東上線高坂駅から鳩山ニュータウン行きバス(大人190円(現金運賃)所要時間約5分)に乗車し、「こども動物自然公園」停留所下車

障害者専用駐車場はある?

埼玉県立こども自然公園の駐車場んは、広いスペースで障害者専用駐車場があります。
車いすを利用している場合は、広いスペースで、それ以外のサポートが必要な障害者には入口近くのスペースを案内してもらえます。
駐車場整理をしている方に、車いすの有無、専用スペースを利用したい旨伝えると案内してもらえます。
駐車料金も、大型車1,200円、普通車600円がかかりますが、障害者手帳を提示すると無料で止めることができます。

文字

埼玉県立こども自然公園の入場料と障害者割引
基本的な入園料金は下記の通りです。

<入園料金>
大人(高校生以上) 510円
小人(小・中学生) 210円
<団体料金(30人以上)>
大人 (高校生以上)410円
小人 (小・中学生)170円

<障害者割引>
・身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
・障害福祉サービス受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、被爆者健康手帳、戦傷病者手帳、介護保険被保険者証(要介護、または要支援認定を受けている者)をお持ちの方は無料
このほかにも
・12歳未満の障害者等の介護者は無料
・第一種身体障害者の介護者は無料
・知的障害者の介護者は無料
・一級、二級の精神障害者の介護者は無料
いずれの場合も無料とできる介護者は障害者1名につき1名までとなります。

駐車料金も、大型車1,200円、普通車600円がかかりますが、障害者手帳を提示すると無料で止めることができます。
と県で運営している施設のため、障害者や介助者へのサポートも充実しています。

来園者の満足度が高い理由

やぎ
埼玉県立こども自然公園は、幼稚園や保育園の遠足で利用されるほど、多くの人が来園します。
中には、保育園の遠足で利用してから年に何度かは来園しているというリピーターもいるほど、満足度が高い施設なのです。
なぜこんなに、満足度が高いのか、その理由は、
子供も大人も楽しめる体験が盛りだくさんなのです。
仲良しコーナーでは、うさぎやモルモット、ヤギなどと触れ合ったり、ペンギンやヤギ、ポニーにエサをあげたり
普段は聞けない飼育係の話が聞けたりと普通の動物園では体験できない体験が盛りだくさん。
施設も広く、遊び盛りの子供も思いっきり遊べる施設がたくさんあるので、1日では遊び切れないほど!!
このイベントの多さと施設の多さ、広い園内が来園客を魅了しているのかもしれません。

行く前に見どころチェック

乗馬体験
特に私がオススメしたいコーナーは2つ!

①障害児も楽しめるポニー乗り場

ポニーなどの乗馬体験で多くの場合、障害がない子しか乗れなかったり、サポートが得られず断念することもありますよね。
でも、この施設では、障害者手帳を見せるとポニー乗馬体験が無料に!
さらに馬を引く係りの方に加え、もう一人、子供をサポートしてくださるかたまで一緒に回ってくれるから安心!
我が子も生まれて初めてポニーの乗馬体験をして終始ご機嫌でした。

②牛の乳しぼり体験

埼玉県立こども自然公園では、牛舎付近で、牛の乳しぼり体験を受けることができます。
施設の方のサポートを受けながら、みんな牛の牛乳がどのように搾乳されているのかを知るいい機会になりますね。

お弁当を持参してもいい?

お弁当も持参できます。
一部ですが、レジャーシートを敷いてお弁当を食べることもできるので、レストランなどが苦手な場合でも安心して利用できます。

持ち込みが禁止されているもの

埼玉県立こども自然公園では、ペットは一緒に入園できません!
さらに酒類の持ち込みは禁止されています。
また、動物のエサの持ち込みも禁止されています。
動物園にいる動物に与えるエサは、施設内で販売されているエサを与えてください。

小さな子供も遊べるエリア紹介

埼玉県立こども自然公園には小さなお子さんも遊べるコーナーがたくさん!
園内の芝生広場には、小さな子がのびのび遊べる「コバトンとりで」
夏の水遊び場「ジャブジャブ池」
高学年の子も思いっきりはしゃげる「冒険の森アスレチック」
自由な遊びや憩いの場「自由広場」
大小20体の恐竜が子供たちを出迎える「恐竜コーナー」
雨の日でもたっぷり遊べる「こどもの城」
など、様々な施設が点在していてたくさんの子供が来園すているはずなのに分散してくれるおかげかそれほど混まずにどこの遊び場も遊ぶことができています。
ただ、中には、保護者が安全な場所だと安心し、子供から目を離した事でのケガがあるようなので、保護者がしっかり子供の様子を観察する必要がありますね。

我が家流埼玉県立こども自然公園の楽しみ方

ペンギン
我が家でも、年に2回、春と秋に埼玉県立こども自然公園に遊びに行きます。
毎回、開園10分前には駐車場に付けるよう自宅を出発!
自宅から東京外環自動車道草加ICで高速道路に乗り大泉ジャンクションで関越自動車道で、東松山で降りるというルートで約1時間半。
ちょっとした遠出をした気分になれるので、朝早起きをして子供たちとおにぎりを作っていきます。

まずは、動物園散策!
特にオススメなのがペンギン舎!
普段はなかなか見れない、陸地を歩くペンギンや横穴式住居のようなトンネルで休む自然の姿のままのペンギンの姿をみたりしてからアスレチックへ!
アスレチックへ!
ペンギン舎からアスレチック広場までは距離があるので、園内周遊バスを利用して移動しましょう。
アスレチック広場周辺でお昼ごはんを食べ、そこから森の中を抜け、恐竜コーナーやこどもの城などで遊ぶコースが我が家では定番コース!
時間が合えば、ふれあい体験や牛の乳しぼり体験なども楽しんでいます。

まとめ

今回は、埼玉県立こども自然公園についてまとめました。
とっても広い園内で多種多様な動物たちの生態を学びながら、子供も思いっきり遊ぶことのできる施設。
さらに、障害のある子も重いっきり遊べるような工夫がされていて、保護者も安心して見守ることができます。
是非、埼玉県立こども自然公園で思う存分あそんでみてはいかがでしょうか?


関連記事


ランキング


おすすめ記事