ママ必見!覚えておきたい赤ちゃんの始めての離乳食初期編!!

ママ必見!覚えておきたい赤ちゃんの始めての離乳食初期編!!

赤ちゃんが生まれてから約半年間は、母乳や粉ミルクなどで栄養を得ていた赤ちゃんですが、生後5~6か月頃になると食事をする準備を始める離乳を開始します。
乳汁から少しずつ固形の食べ物へ移行を始める離乳ですが、その時期に赤ちゃんが食べる食事を『離乳食』と呼びます。




目次

1.離乳食の始め方
2.生後5,6か月の離乳食
3.10倍粥の作り方
4.離乳初期に使える野菜、お肉、お魚
5.冷凍保存の方法
6.体調不良時の離乳食
7.アレルギー反応について
8.離乳食のまとめ

離乳食の始め方

離乳食の始め方ですが、まずチェックしたいのが、赤ちゃんの状態です。

・生後5~6か月になった
・大人や兄弟の食事に興味を持ち始めている
・首がしっかり座っている
・支えれば座れる
・医師から離乳を開始するよう言われた

上記の状態の赤ちゃんが、離乳を開始できます。
我が家の娘は未熟児だったので、離乳食は、生後7か月 からスタートしました。
(今では娘たちの中で一番よく食べます。)
生まれた時の状態やその後の病気や発達の状態によっては、医師の許可が必要になる赤ちゃんもいるので、発達外来などに通っている場合は確認をしましょう。
また、5か月になったから、いきなり離乳を開始するのではなく、赤ちゃんに『ご飯食べてみようか?』と声がけしてあげると良いですね!

生後5,6か月の離乳食初期

生後5~6か月の離乳食を始める時期を離乳初期と言います。
まずは、10倍粥を裏ごしして、トロトロの水分のみを1口からスタートします。

1日目は1口、2日は2口

とゆっくりと量を増やします。
乳汁以外を始めて口にするため、10倍粥になれるまでかなり時間がかかる赤ちゃんもいます。
根気強く毎日1口ずつ10倍粥を与えてあげてください!

10倍粥の作り方

10倍粥は、お粥を限りなく水分状のトロトロした液体の状態です。
初期のうちは、お粥を作ったあと、裏ごしをする必要があるので、面倒ですが、赤ちゃんの未発達な胃腸を守るため、頑張りましょう!!

・炊飯器で10倍粥を作る・
お米50g
お水500cc
を炊飯器に入る耐熱用のお皿に入れて、炊飯器のスイッチを入れるだけ。
一緒に大人の食べるご飯も炊いてしまうので、とっても簡単!!
炊き上がったら、裏ごしをしてトロトロにしてあげます。

・お鍋で10倍粥を作る・
炊きあがったご飯少量
お水50ml
をお鍋に入れて火にかけ、煮詰める。
トロトロになるまで煮詰め、焦げないようにかき混ぜる。
かき混ぜる手間がかかり、裏ごしも必要なので、私は鍋で一度も10倍粥は作りませんでした。

・レンジで10倍粥を作る・
炊きあがったご飯少量
お水30ml
フタ付きの耐熱容器に上記を入れて、1分加熱、
加熱終了後10分ほど蒸らしてから裏ごしをします。
私は、炊飯器で御飯を炊かない日などは、レンジを活用して10倍粥を作りました。

また、特に便利だったのが、ベビーフード!
お米を粉末状にしたものが販売されているので、そこにお湯を注ぐだけで10倍粥の出来上がり!
忙しい時は、そんな現代化学の力も借りて離乳食初期を乗り越えましょう。

離乳初期に使える野菜、お肉、お魚

rinyuusyoku
10倍粥に慣れてきたら、1品ずつおかずも増やしてあげましょう。
5~6か月くらいで使える野菜は、

・バナナ
・トマト(皮をむいた)
・人参
・かぼちゃ
・ほうれん草
・大根
・ブロッコリー
・じゃがいも
・カブ
・サツマイモ

などを使います。
全て、茹でて、裏ごしをする必要があります。
必ず、離乳食初期は、ペースト状の離乳食を食べさせます。
また、皮があるトマトやミニトマトは、お湯にサッとくぐらすと、皮がむきやすいので皮をむき、種を取ってから茹でてペースト状にしましょう。

決して、何種類かの食品を混ぜて調理をしたり、赤ちゃんに与えたりしないでください。
どの食材でアレルギーを起こしたか確認ができなくなってしまうので、与える時は必ず1品ずつ。

そして、野菜も1日1口づつ量を増やして与えていきます。

5~6か月頃に使えるお肉は
基本的、離乳初期は、お肉は与えないようにします。
離乳食中期から油の少ない鳥のひき肉などをスタートさせます。

5~6か月頃に使えるお魚は
離乳食初期は、お魚は与えません。
離乳食開始2か月目位からシラスなどを塩抜きして、湯引きして、裏ごしして与え始めます。

5~6か月頃に使える果物は
・りんご
・なし
・バナナ
・みかん
・イチゴ
・メロン
・桃

などは与えることができますが、バナナはアレルギーを起こす事があるので、慎重に与えましょう。
果物は、加熱の必要がないものが多く、汁だけ絞って、赤ちゃんの好みに合わせて水分を加えて与えます。
野菜やお粥と同じく、スプーン1口から始めてください。

冷凍保存の方法

離乳食は、作るのに手間がかかる上に、一度に赤ちゃんが食べる量は少量で、毎日作り続けるのは本当に大変な事です。
特に初期のうちは、作っては捨て、作っては捨ての繰り返しに離乳食を作るのがいやになってしまうほど…。
そんな時には、まとめて作って冷凍保存がオススメ!!
冷凍保存なら、1~2週間も保存がきくので、ストックしておくことで、離乳食を作る負担がかなり軽減します。

離乳食の冷凍保存方法は…
①食材に熱を加えて、裏ごしをする
②粗熱を取る
③ジップロックや製氷機に小分けに入れて冷凍する
④日付と食材名を記入する

たったこれだけで、2週間分の離乳食のストックを作りおく事ができます。
冷凍保存できる食材は、熱を通すものなら何でもOK!!
10倍粥も、人参、サツマイモ、カボチャなんでも大丈夫です!

冷凍した離乳食の解凍方法
② 冷凍庫から使う分の離乳食を取り出す
②電子レンジまたは、鍋などで火にかけて解凍する

冷凍した離乳食は、必ず熱を加えて解凍します。
絶対に室温での解凍は、細菌繁殖の原因になるので、厳禁です!!
また、食べ残しの再冷凍は、絶対にしてはいけません!!
安全に赤ちゃんい離乳食を食べてもらうために、手間は多少かかりますが、美味しい離乳食を与えてあげましょうね!

体調不良時の離乳食

syokuzi
体調が悪い時の離乳食は、時期や体調によって対応が違ってきます。

・下痢嘔吐の場合…離乳食は完全に中止し母乳や粉ミルクだけで様子を見ます。
         体調が回復してから、また1口から離乳食を再開します。
・発熱、咳、鼻水…離乳食の量を減らして様子を見ます。   
         赤ちゃんが食べたがらなければ無理に与える必要はありません。
         症状が下痢や嘔吐に変わってしまったら、離乳食は中止しましょう。

他にも、アレルギーや何らかの病気の場合には、かかりつけ医に離乳食の今後の進め方を相談しておきましょう!

アレルギー反応について

離乳食を開始するのに、一番親が気を遣うのがアレルギーですよね。
すでに、何らかのアレルギーがある事が分かっている場合には、医師と相談の上、離乳食を進めてください。

・離乳食を与える時間は、午前中やお昼
・始めて食べる食材は、1口から
・体調不良時には、初めて食べる食材を与えない
・始めて食べる食材を食べてから2~3時間は目を離さない

そして、万が一、アレルギー反応のような症状があらわれた場合には、必ず医師の診察を受けましょう。
食物アレルギーの主な症状

・嘔吐
・下痢
・発疹
・不機嫌

食物アレルギーを起こしやすい食品

・卵
・乳製品
・小麦粉
・大豆
・ゼラチン
・バナナ
・リンゴ
・キウイフルーツ
・魚介類
・ゴマ
・そば
などなど…

離乳食初期のまとめ

離乳食は、赤ちゃんが乳汁から固形の食べ物へ移行するための練習の食事です。
食事は楽しいもの
食事は大切なもの

と赤ちゃんにわかってもらうためにも親側も、離乳食の時間を楽しみましょう。


関連記事


ランキング