埼玉県越谷市健康福祉村

知的障害のある子どもとのお出かけ!埼玉県県民健康福祉村へ行ってきました!

知的障害のある娘と、埼玉県越谷市にある埼玉県県民健康福祉村へ行ってきました。
広い敷地に子供たちがゆったり遊べる遊具、アスレチック、サイクリングロードが整備された大きな公園!
この公園で過ごした時のバリアフリー情報などをご紹介します。




目次

1.埼玉県県民健康福祉村の基本情報
2.埼玉県県民健康福祉村のアクセス方法
3.障害者専用駐車場はある?
4.施設利用料はかかる?
5.車いすでも利用は可能?
6.持ち込みが禁止されているもの
7.お弁当やテントは持ち込みできる?
8.小さな子供も遊べる遊具
9.高学年の子も思いっきり遊べるアスレチック
10.土日はサイクリングロードで自転車の練習
11.大人も体のメンテナンスができる遊具多数
12.まとめ

埼玉県県民健康福祉村の基本情報

まずは、県民健康福祉村の基本情報からご紹介します。

住所:埼玉県越谷市北後谷82
<総合受付>
TEL:048-962-0294
9:00~21:30(平日・土曜)
9:00~18:00(日曜・祝日)
<管理事務所>
TEL:048-963-7111
8:30~17:15

埼玉県県民健康福祉村のアクセス方法

次は、県民健康福祉村へのアクセス方法です。

車の場合
・東北自動車道「浦和」ICより約5km
・東京外環自動車道「草加」ICより約7km

電車・バスの場合
・JR武蔵野線・埼玉高速鉄道「東川口駅」から徒歩で約25分  
・東武伊勢崎線「越谷駅」 西口からバスで約20分(県民健康福祉村行き)
※終点 「県民健康福祉村」で降車が便利です。

障害者専用駐車場はある?

県民健康福祉村には、「東駐車場(冒険広場側)」、「北中央駐車場(ときめき元気館裏)」、「北駐車場(野鳥の池側)」、「南駐車場(修景池の裏手)」
「臨時駐車場A(バス降車場裏手の道路沿い)」、「臨時駐車場B(とめき元気館裏手の道路沿い)」、「臨時駐車場C(レンタルサイクル裏手)」

と多くの駐車場がありますが、障害者専用駐車場は、「東駐車場(王権広場側)」と「北中央駐車場(ときめき元気館裏)」の2カ所に合計10台の車いすに対応した障害者専用駐車場があります。
思いやり駐車場ではないので、車いす利用者優先で思いやりを持って駐車場を利用したいですね。

施設利用料はかかる?

滑り台
県民健康福祉村の公園や屋外施設で遊ぶ場合には、無料で遊ぶ事ができます。

・冒険広場のフィールドアスレチック
・ローラースケート場
・幼児用遊具
・大人用ストレッチ器具
・芝生広場
・自転車を持ち込んでのサイクリングコース
・ジョギングコース

は、無料で利用することができます。
有料で使える施設も充実していて

・ときめき元気館のプール
・ときめき元気館の更衣室、シャワー室
・ときめき元気館のトレーニングジム
・テニスコート
・ソフトボール場
・多目的運動場
・フットサルコート
・貸自転車

には、利用料がそれぞれかかり、予約が必要なもの、埼玉県スポーツ施設利用者カードが必要になる場合があります。

車いすでも利用は可能?

車いすでの利用も可能です。
広い芝生広場では、車いすに乗ったまま自然の風を浴びることもできるので、障害者施設や高齢者施設の方がゆっくりした時間を過ごしているところも見かけます。
広い公園ですが、ウォーキングロードも整備され、車いすでの移動も楽にできるのも魅力ですね。

持ち込みが禁止されているもの

埼玉県立健康福祉村では下記のものの持ち込みが禁止されています。

・バーベキューセット
・花火
・ドローン
・片側3mを超えるテント
・スラックラインやハンモック
・ときめき元気館はペットの同伴
(盲導犬など特別な場合は除き、芝生広場などではリードを付ければ利用可能)
・スピードの出やすいロードバイクなど
・大きな音のでる楽器

などの持ち込みが禁止されています。
楽器については、混雑具合や近隣からの苦情などもあるので、周りの方に迷惑のかからないものであれば大丈夫なようです。

お弁当やテントは持ち込みできる?

お弁当もテントの持ち込みも可能です。
大芝生広場や、フィールドアスレチック広場で、多くの親子連れがテントやレジャーシートを敷いています。
お弁当を持ち込まなくても、土日祝日は、移動販売車が出店したり、ときめき元気館1階で売店がオープンして食事を購入することもできるので
自然に囲まれた状態でお弁当を食べることもできます。
ただし、テントは、片側3m以内のものを利用しましょう。

小さな子供も遊べる遊具

遊具
健康福祉村には、ちいさな子供も遊べるミニ遊具があります。
芝生広場も広く、ボール遊びや芝生でゴロゴロなどいろいろな遊びができるので、ちいさな子でも思いっきり遊べるはず!

高学年の子も思いっきり遊べるアスレチック


健康福祉村にあるアスレチックは高学年の子も思いっきり遊べる遊具がそろっています。

・チャレンジハンク
・ダッシュランナー
・馬飛び
・ロープ綱渡り
・ウォールクライミング
・ローラー滑り台
・ブランコ

などたくさん!
小高い丘や、2019年新しくオープンしたばかりの新品遊具もあり、凸凹滑り台は子供たちの病みつきになる遊具みたい!
滑り台新

土日はサイクリングロードで自転車の練習

土日祝日の晴れた日には、レンタルサイクルがオープンします。
1台200円で1時間、二人乗りも400円で1時間利用が可能です。
近くにお住まいの方は自転車を持ち込んで自転車練習をする光景が良く見られます。
子どもの自転車練習には適したところが最近では減っているため、自転車練習をしたい方は是非お勧めします。

大人も体のメンテナンスができる遊具多数

ストレッチ器具
大人用のストレッチ器具も多数!
スクワットや腹筋運動、アップリフトや足裏健康器具など様々なストレッチ、体のメンテナンスが可能な器具があります。
ときめき元気館の前あたりから点在して器具が屋外に設置されていて大人も子供も遊びながらストレッチができちゃいます。

まとめ

今回は、埼玉県越谷市にある健康福祉村へ遊びに行ったときの事をまとめました。
我が子は、春は、桜の花見、夏は、プールで水泳練習、秋は、紅葉観賞、冬は、歩いて健康管理!
と季節ごとの遊びを独自に編み出しています。
月に1度、保護ネコの譲渡会が開かれたり、自分も通う福祉施設のお友達が職員と遊びにきたり、様々な人が様々な用途で使える公園です。
障害の無い子も大人も、ハンデがある子も思いっきり遊べる楽しい公園、近隣の方は是非遊びに行ってみてください。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー