七五三

今更聞けないシリーズ!七五三のお参りベストシーズンとお得な写真撮影時期もご紹介!!

子供の成長を祝う年中行事、『七五三』!
今回は、この七五三を行う意味や七五三のお参りの時期、写真撮影のベストタイミングなどをまとめます。




目次

1.七五三とは
2.七五三の由来
3.七五三時期男の子と女の子で違う理由
4.各地の七五三
5.七五三とちとせあめ
6.満年齢と数え年の違い
7.七五三のお参り時期はいつ?
8.身内に不幸があった場合はどうする?
9.写真撮影のベストタイミング
10.写真撮影にかかる金額
11.衣装はレンタル?購入で違う価格
12.神社・お寺での参拝マナー
13.七五三で呼ぶ親戚リスト
14.七五三のお祝いレシピ
15.まとめ

七五三とは

七五三は、子供の成長をお祝いする年中行事!
一般的に11月15日にお祝いするものです。
7才、5才、3才でお祝いをし、神社などで七五三詣でを行い日々の感謝や祈願をします。

七五三の由来

七五三が始まったのは、平安時代と言われています。
当時は、子供の死亡率が高く、7歳までに亡くなる子が多かったといわれています。
そこで、当時の人は、7歳までの子供を「神の子」と呼んでこの世に命が定着していない者と呼ばれていました。
そこで、無事に3才、5才、7才を迎えることができた事を神様に感謝したことが、七五三の始まりと言われています。
江戸時代には、武家で七五三が儀式化されたのちに、庶民の家庭にもこの儀式が広まったといわれています。
さらに、「七五三」と呼ばれるようになったのは明治に入ってからということです。

七五三時期男の子と女の子で違う理由

一般的に、男の子は3才、5才、女の子は3才、7才でお祝いをしますよね。
でも、なぜ男女でお祝いする年令が違うのかも…
それは、七五三の儀式の内容で変わってくるのです。

3歳・髪置の儀(かみおきのぎ)

こどもの髪の毛を伸ばし始める儀式の事です。
平安時代は、男の子も女の子も生まれてから3才までは丸坊主が主流でした。
丸坊主にすることで、健康的な髪の毛が3才から生えると信じられていたので、男女ともに丸坊主だったようです。
そして、3才を迎えられる喜びを神様に感謝するとともに、髪の毛を伸ばし始める儀式として男女ともに現代でもお祝いをするのです。

5歳・袴着の儀(はかまぎのぎ)

男の子が、初めて袴を着るお祝いの儀式。
それまで子供の着物だった子供たちが、大人と同じ袴を着る儀式を行います。
現代では、男の子だけ、七五三のお祝いを5才に行うようになりました。

7歳・帯解の儀(おびときのぎ)

女の子が7歳になると紐付きの着物を脱ぎ、大人用の着物を着て帯を締めることからこの儀式を行います。
現代では、女の子だけ7才のお祝いをしています。

このように、それぞれの年齢で先人たちが行ってきた儀式から男女でお祝いする年令に違いがあるようです。

各地の七五三

七五三のお祝いの仕方は、各地で大きな違いがあります。
関東の茨城や埼玉、千葉の南部では、親戚や近所の方も呼んで披露宴なみの華やかな場で七五三のお祝いをする地域もあります。
関東では3才のお祝いは女の子だけが行う事が多いですが、関西では、男女とも3才にお祝いをすることが多いです。
関東では神社などへの参拝を行う事が多いですが、関西では、お賽銭を入れるだけで、千歳あめのみ買って帰るという家もあるようです。
さらに、寒冷地では11月というとすでに雪が降っていることもあり、10月に七五三を行ってしまう地域も多いようです。
地域や宗派によって七五三のお祝いの仕方に違いがあるので、始めてのお祝いの時は、義家族にもお祝いの方法を確認しておくと良いでしょう。

七五三とちとせあめ

七五三のお祝いに欠かせないものと言えば、「千歳あめ」ですよね。
でもなぜ、千歳あめを七五三の時に買うのかご存知ですか?
実は、今千歳あめにも、親の子供への愛が詰まっていたのです。

千歳あめが作られた由来には、『千年の長寿』をキャッチコピーにして大阪の商人が販売したのが始まりと言われています。
この飴を舐めると千年も長生きできるといわれたことから、七五三のお祝い時に親が子供に食べさせて長生きを願ったといわれたのが始まりと言われています。

満年齢と数え年の違い

満年齢と数え歳は、歳の数え方の違いをさします。
満年齢:現在の年齢で誕生日で年齢を数える数え方。
数え年:1月1日で1才と数える数え方、正月を迎えるたびに歳を数えます。
(12月生まれで生後1カ月でも、お正月を迎えれば1才と数えます)
お正月のお祝いは、地域や考え方によって満年齢で数えるか、数え年で年を数えてお祝いをするか分かれます。

七五三のお参り時期はいつ?

七五三のお参りの時期は、一般的に毎年11月15日(寒冷地では10月15日)です。
しかし、現代で11月15日が平日の場合、お祝いに行けないため家族の休みに合わせてお祝いする日を決める家庭が多いです。
そのため、だいたい10月~11月の間の都合の良い日に七五三のお祝いをする家庭が多いです。

身内に不幸があった場合はどうする?

身内に不幸があった場合の七五三のお祝いは、不幸があった時期によって変わってきます。
近親者に不幸があった場合、喪中の間はお祝い事は避けるべきと言われています。
一般的に神道で50日、仏教で49日の間は派手な行いは避けたほうが良いでしょう。
喪中の間は、晴れ着を着たお子さんの写真撮影をするだけにし、喪中が明けてから神社に参拝するなどすると良いでしょう。

写真撮影のベストタイミング

スタジオ
最近では、写真撮影も様々な方法で撮影することができます。

前撮り:七五三の前に写真のみ撮影する方法
参拝前:七五三の参拝前に写真を撮影する方法
参拝後:七五三の参拝後に写真のみを撮影する方法

とありますが、実はこの中で一番お得なのは、『前撮り』です。
参拝後の撮影は、11月以降という点でも、スタジオが成人式、卒業、入学、就職シーズンで大忙しになる時期。
この時期は、料金の割引も少ない事が多いです。
そして、参拝前の撮影も、参拝に向けて多くの家族が着付けの予約をとる家庭が多いので、何百枚も写真を撮るスタッフの確保が難しい時期。
そこで、オススメまのが、参拝前の今が、一番ベストなタイミングでお得な撮影ができます。

写真撮影にかかる金額

写真撮影にかかる金額は、ピンキリです。
撮影スタジオで、衣装を借りて、化粧も髪の毛のセットも親の着物の着付けなどもお願いすると10万円前後になるコースもあります。
子供の着物や袴のみだと、数万円程度、家で写真を撮り、現像する際に専用のケースに入れるなどなら数千円ですみます。

衣装はレンタル?購入で違う価格

親子
七五三の衣装をレンタルにするか、購入にするかでも大きく価格が違ってきます。
レンタルの場合、撮影スタジオでは、撮影料金+レンタル料になるので、数千円の負担ですみます。
プラン内容によっては、撮影料金にレンタル衣装代も含まれていて、衣装の負担がなくて済む場合もあります。
しかし、姉妹、兄弟が多い家庭では、着物を買ってしまったほうが安くすむ場合もあるのです。
着物や袴は、数万円から購入が可能です。
3姉妹、3兄弟以上で何度も着るなら、購入し家庭で撮影してしまったほうがお得ですよね。

神社・お寺での参拝マナー

神社
そもそも、七五三では、お寺と神社どちらに参拝したらよいのか、悩みますよね。
七五三の参拝にはお寺でも神社でもどちらを参拝しても大丈夫です。
七五三は、子供の成長を喜び、感謝する行事、お寺では、先祖が子供を守ると考え多くのお寺が参拝を受け付けています。
お寺に参拝する場合は、ご先祖様に子供の成長を感謝し、今後も見守っていただけるようお願いしてきましょう。
神社の場合も同様に神様に子供の成長と今までの安全を感謝します。
そして、今後の安全と成長もともに祈願します。
神社とお寺の参拝マナーは、それぞれの神社やお寺ごとのルールを守りましょう。
もちろん、お清めやお寺の場合は、お線香をあげるなど決められたルールをしっかり守って参拝してください。

そして、これだけ覚えておけば大丈夫なお寺と神社の参拝の違いは、
『神社では拍手、お寺では拍手はしない』と覚えておくと良いでしょう。

七五三で呼ぶ親戚リスト

関東の一部地域以外でも、親戚や近所の方を大勢呼んで七五三を祝う地域があります。
その際の呼ぶ親戚も、しっかり家族間で確認をしておきましょう。
千葉県出身の私の七五三では、

両親
兄弟
祖父母
叔父
叔母
姪っ子
甥っ子

までを呼びました。
それでも結構な人数でワイワイとお祝いをしたのを覚えています。

七五三のお祝いレシピ

七五三のお祝いの時には、集まった親戚で、御馳走を食べる家庭が多いようです。
お祝い事ですから、普段は作らない、タイの塩焼きなども並ぶことがあるようです。
さらに、最近では、子供が喜ぶ七五三用ケーキも販売されているので、出してあげると子供たちは喜びますね。
しかし、七五三だからと言って『これをたべなきゃいけない』という決まりはないので、好きな物を食べるという感じでOK!
多くの親戚が集まる場合は、ちらしずしをカップケーキに入れてそれぞれが好きな具をのせれるバイキング形式のものも面白いですね。

簡単ちらし寿司

用意するもの
ご飯
寿司酢
しめじ
きざみのり
人参
めんつゆ
飾りに使うもの

作り方
①人参は食べやすい大きさの千切り、しめじは石附を取っておく
②人参や硬いものをめんつゆと同量の水で煮る
③人参などが柔らかくなったらしめじなどを入れる
④汁がなくなってきてしっかり煮えたら火を止め冷ます
⑤ご飯が炊けたらすし酢を混ぜて粗熱をとる
⑥冷めた具の余計な水分は捨て、具をご飯と混ぜる
⑦混ざったご飯をカップケーキなど小さな容器に入れ並べる
⑧いんげん、いくら、とびっこ、エビなど好きも飾りを乗せて出来上がり

まとめ

今回は、七五三についてまとめてみました。
子供の成長を喜び、今後の健康も願う大切な日本の習わしでした。
今後もこのような年中行事を大切にしていきたいですね。


関連記事


ランキング


おすすめ記事