杉花粉 トップ

まもなくやってくる花粉の季節!2019年の花粉の飛散量と最新の花粉対策!!

年明け後、花粉症の方にとっては辛い日が近づいてきています。
ということで、今回は、2019年花粉の飛散量と花粉飛散時期について、また最新の花粉症対策についてもご紹介していきます。




目次

1.花粉症とは
2.花粉症の原因になるのはどんな木や花?
3.花粉症の症状
4.2019年花粉の飛散開始時期
5.2019年花粉の飛散量予想
6.花粉症状の改善方法
7.最新の花粉症対策方法
8.2019年1月すでに花粉症に悩む人も…
9.まとめ

花粉症とは

花粉症は、花や木など植物の花粉が原因でアレルギー症状を引き起こす疾患です。
日本人の約20%~30%もの人が花粉症に悩んでいるという統計もあるようです。

花粉症の原因になるのはどんな木や花?

杉花粉
花粉症を引き起こす植物は、季節によつて様々…
季節ごとに花粉症の原因になる植物を確認していきましょう。

・春

ヒノキ:日本に多く植えられているヒノキ。
    3月中旬から花粉の飛散が始まり特に関西に多く植林された木です。

杉の木:日本全国に分布する杉の木、森林の約20%は杉の木だといわれています。
春の花粉の代表格といえる杉の木、1月から花粉の飛散が開始し、2月~4月頃ピークを迎えます。

カモガヤ:イネ科の植物で、河川敷などに生えています。
5月頃から花粉の飛散が始まり、7月頃まで花粉の飛散をし続けます。

・夏

イネ:お米になるイネも7月~9月にかけて花粉を飛ばします。

ブタクサ:日本全国の道端などに生える草で30cm~50cm程の葉を細かく羽状に切り込んだような形をしています。
7月~10月まで長い間花粉を飛散します。

・秋

ススキ:秋の七草『尾花』といわれるススキも8月~10月頃に花粉を飛ばします。
十五夜に合わせてススキを自宅玄関に飾ったところ、花粉症の症状が出現したという方もいるようです。

ヨモギ:別名「エモギ」、「サシモグサ」などと呼ばれるキク科の草で日本全国で見られます。
8月~10月までの間に花粉を飛散し、葉の裏に白い綿が生えているのが特徴的な草です。

・冬

ウメ:寒い時期に咲くウメの花も2月~4月の花が美しく咲く時期に花粉を飛散します。
花粉を飛ばす距離は短いので、ウメの花粉で花粉症状が出る方は、梅の木に近づかないようにするなどの対策が可能です。

梅の花

ツバキ:ツバキ油などでも用途の広いツバキも花粉を2月~4月に飛ばします。

花粉症の症状

花粉症の主な症状は
・鼻水
・くしゃみ
・目のかゆみ
・頭痛
・のどの違和感
・肌のかゆみ

など様々。
人によって症状の出方も様々なのが、花粉症の特徴と言えます。

2019年花粉の飛散開始時期

2019年の花粉飛散開始時期ですが、『花粉症の原因になるのはどんな木や花?』でご紹介した通り、1年中様々な植物から花粉が飛んでいます。
しかし、多くの方が花粉症を訴える時期に花粉を多く飛散する『杉』や『ヒノキ』の場合は、

2月上旬ごろから花粉の飛散が開始されると予想されています。

しかし、すでに1月頃から花粉の症状が現れている方や、花粉症と寒暖差アレルギーの症状が合わせて出ている方と様々なので、症状がひどくなる前に医療機関への受診をオススメしています。

2019年花粉の飛散量予想

続いては、2019年の花粉飛散量の予想についてもご紹介します。

関東:関東の多くの地点で去年と変わらない程度かやや少ないと予想されています。
関西:関西でも前年比でやや少ないや平年並みと予想。
全国的にみてもそれほど多い花粉の飛散量ではないようです。

花粉症状の改善方法

花粉症を自力で改善させるのは、難しいといわれています。
しかし中には、
「ヨーグルト」で花粉症の症状が改善したかた
「根菜スープ」で花粉症の症状を改善したかた
など、食事で花粉症を改善した方や、
「朝の掃除に床拭き」をして花粉症状改善、
「窓ふき」で花粉症改善
など、家の中に侵入した花粉の対策を行う事で花粉症を改善する方法があります。
詳しくは、最新の花粉症対策でご紹介します。

最新の花粉症対策方法

花粉予防
2019年最新の花粉症対策についてもご紹介します。

・床拭きと窓ふきで花粉症対策

家の中に侵入した花粉をまき散らさないための対策に有効な床拭きと窓ふき!
濡れた雑巾などで床や窓を拭くと、花粉に水分が付着し、巻き散るのを抑える効果があります。
可能であれば、朝と夕方の2度、床拭きを、窓ふきは1日に一度行うと良いようです。

・善玉菌の多い食材で花粉症対策

花粉症の患者がここ最近増えているという印象はないでしょうか?
実は、腸内環境の悪化と、花粉症の症状の出現&悪化に関係があるという事なのです。
そこで、腸内環境改善をすることで、花粉症の症状を改善させるために、「善玉菌を多く含んだ食材」が有効だというのです。
中でも
ヨーグルト
根菜
きなこ

などが腸内環境に良い効果が得られます。

2019年1月すでに花粉症に悩む人も…

アレルギー検査
今後、多く花粉の飛散をする杉やヒノキの花粉症で悩む方も。
すでに花粉症状に苦しんでいるなら、早めに医療機関を受診し、花粉症状を和らげる治療をしましょう。

まとめ

今回は、花粉症の飛散量や花粉対策などについてまとめました。
これから多くの方が悩む花粉症も、早めの対策で症状を和らげる事ができる可能性もあります。
しかし、症状が重い方は、無理に家庭で改善できる方法を探すだけでなく、医療の力も借りながら辛い時期を乗り越えましょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー