今更聞けないシリーズ!おひなさまはすぐに片付ける?姉妹の場合は?おひなさまの豆知識

今更聞けないシリーズ!おひなさまはすぐに片付ける?姉妹の場合は?おひなさまの豆知識

もうすぐ、ひなまつり!!
女の子の成長を喜ぶ、節句ですが、女の子のいるお家では必ず飾る『おひなさま』!
ただ、おひなさまを飾れば良いというわけではなく、色々な風習や言い伝えがあります。
日本の年中行事、雛人形について知り、子供の成長を心からお祝いしましょう。




目次

1.雛人形について
2.ひな人形を飾るようになった理由
3.ひな人形を飾る場所
4.飾る方角にも決まりがある?
5.ひな人形は姉妹で共有していいの?
6.3月3日後はすぐに片さないと行き遅れるって本当?
7.人形を大切に保管する方法
8.成人した子どものひな人形、何歳まで飾る?
9.女の子が生まれたときに買う雛人形
10.雛人形を処分する場合は…
11.雛人形のまとめ

雛人形について

毎年、3月3日に行われるひな祭り(桃の節句)は、昔、上巳の節句と言われていました。
上巳の節句事態は、中国から伝わったものでしたが、雛人形を飾る習慣は日本で生まれたものでした。

平安時代の女の子の間で流行した遊び「ひいな遊び」という人形遊びと、自分の身代わりに作った人形で厄払いをする「流し雛」が混ざったのが雛人形だといわれています。

ひな人形を飾るようになった理由

昔は飾った雛人形が女の子の厄を変わってくれるとされました。
雛人形の始まりは、女の子の人形だけでしたが、その後、お内裏様が横に座り、理想の男性と結婚し、幸せな一生が送れるように…。
さらに、お金や食べ物に困らないように、また、苦労をしないようにと五人囃子(ごにんばやし)や右大臣(うだいじん)などが並ぶようになりました。

最近では、5段7段と、大きな雛人形を飾る家庭は少なくなりました。
住環境の変化などで、多くの家庭で、お内裏様とおひな様の2体だけを飾ることが多いですよね。
それでも、女なので、いくつになっても大きななひな壇を見ると、何だか、ワクワクしてしまいます。

ひな人形を飾る場所

皆さんは、ご家庭で雛人形をどこに飾りますか?
最近は、玄関に飾るという方も多いですが、実はそれ、ダメなんです。

風数上では、玄関からは良い運気が入ってきます。
この良い運気を人形がすべて吸ってしまうことから、玄関には飾らない方が良いとされるのです。

風水を気にしない方でも、玄関は湿気が多い場所ですから、人形を長持ちさせたいのなら、玄関はやはり避けるべきです。

では、どこに飾ると良いのか!

家族が集まり、多くの時間を過ごす、「リビング」がおススメなのです。

雛人形を飾るとNGな場所
・玄関
・トイレ
・キッチン
・湿気の多い場所
・ストーブ・ファンヒーターの近く

飾る方角にも決まりがある?

雛人形を飾る場所は、リビングが良いと分かりましたね。
では、次に、飾る方角ですが、雛人形は、南向きか、東向きに飾るのが理想とされています。
特に決まりはないものの、良い方角に置き、子供の成長を喜び今後の健康を願いましょう。

ひな人形は姉妹で共有していいの?

吊るしびな
最近では、核家族化が進み、住環境も変化したため、大きな雛人形を飾る家庭は少なくなりました。
そこで、姉妹が生まれても、1つの雛人形を共有することが多いです。
ちょっと待ってください!
おひな様が飾られるようになった由来は子供の厄を変わって受け取ってくれるもの。
つまり、1人に1つの雛人形が必要なのです。
でも、子供の人数分の雛人形をそろえるのは、まず無理ですよね。

そこでオススメなのが、吊るし雛!
吊るし飾りとして、おひな様を飾ったり、コンパクトなものにすることで、置き場所にも困りません。
さらに、すでにあるおひな様の周りに名前を彫った木札、名前入りの幟、オルゴールなどを置いてあげるのもOK!

3月3日後はすぐに片さないと行き遅れるって本当?

姉妹雛人形
3月3日のひな祭りが終わると、すぐに片さないと「行き遅れる!(婚期を逃す)」という話、聞いたことありませんか?
私の子供のころ、母親にそう言われ、あっという間に片付けてしまった記憶がありますが…。
もちろん、そんなの、迷信です。

この話は、きちんとお片付けができないと良いお嫁さんになれないよ!と言われるのです。

でも、お人形は、これからまた来年まで外に出ることはありません。
お人形を大切に扱うなら、晴れた日にしまってあげると湿気が少ないので良いですね。

人形を大切に保管する方法

雛人形を大切に保管したい方は、絶対に確認してください。
雛人形は、とっても繊細で、苦手なものから遠ざけてあげる必要があります。

①湿気
湿気が苦手なおひな様。
お風呂場の近くや玄関に近く湿気の多い場所に保管するとシミやカビの原因になります。
トイレやキッチンなどの水を多く使う場所も避けるべきですね。
できるだけ、空気の流れができやすい場所に保管してあげましょう。

②乾燥
雛人形は、乾燥にも弱いです。
乾燥しすぎると顔にヒビが入ってしまうこともあります。
乾燥しすぎる場所は避けましょう。

③直射日光
直射日光が当たる場所もNG!
色あせや変色につながります。
日の当たらないように段ボールなどに入れ保管しましょう。

④風通し
3月におひな様をしまったら、9月か10月頃に、一度、雛人形の風通しをしてあげましょう。

成人した子どものひな人形、何歳まで飾る?

雛人形を飾り続ける期間ですが、特に決まりはないようです。

・子供の成人を機に飾るのをやめた
・子供が結婚したので飾るのをやめた
・就職・大学進学で一人暮らしを始めたので飾るのをやめた
・年齢に関係なく、いくつになっても飾り続ける

と、家庭や地域によって何歳まで飾るか違うようです。

女の子が生まれたときに買う雛人形

女の子が生まれたら、初節句までに雛人形を買ってあげましょう。
でも、この時、もめるのが、父親方、母親方、どちらの親が用意するか…。

古くから、雛人形は嫁入り道具の1つとされてきたため、風習を重んじる家庭の場合、母親方の親が買ってあげるもの。

しかし、雛人形は意外に高価で、なかなか雛人形を買ってほしいとお願いできない場合には、
夫婦で相談し、角が立たないように双方の援助はお断りし、夫婦のお気に入りのおひな様を購入してあげるのもOK!

雛人形を処分する場合は…

子供の成長とともに、雛人形を飾らなくなったら、雛人形の処分も考えましょう。
処分方法には

・粗大ごみ、一般ごみ

自治体によって処分方法が変わるもの、ごみとして処分することも可能です。
それでも何十年も子供の成長をともに過ごした人形をゴミとして捨てるのは忍びないものですよね。

・リサイクルショップ・オークションに出す

高価な値段の雛人形は、まれにリサイクルショップやオークションサイトに流通することがあります。
古ければ古い雛人形は高値で取引されることもあり、人形専門の中古ショップもあるので、是非確認をしてみましょう。

・寄付

きれいな雛人形は、寄付も喜ばれます。
本当に必要としているところがあれば、是非寄付も良いですね。

・人形供養をする

何年も子供の成長とともに飾られた人形には、魂が宿ると昔から言われてきました。
そこで、人形をしっかり供養する人形供養をして処分してもらう方法があります。
人形供養には、神社やお寺によってかかる費用が違うので、確認が必要ですが、数千円~数万円で供養してもらえます。

雛人形のまとめ

3月3日は、「ひな祭り」!
年に一度、女の子の成長を喜び、健康と幸せを願いながらおひな様を飾ってあげてください。


関連記事


ランキング


おすすめ記事