見た目が悪い!二枚爪になる原因を知ってキレイな手先を手に入れたい!!

見た目が悪い!二枚爪になる原因を知ってキレイな手先を手に入れたい!!

どうしても手の見た目が悪くなる「二枚爪」…。
少し、爪が伸びるとすぐに割れてしまう女性も多いですが、この二枚爪の原因と予防法、改善法を学んで
キレイな指先をゲットしちゃいましょう!!




目次

1.爪の基礎知識
2.爪のトラブル最前線
3.爪のトラブル解消法
4.二枚爪の原因
5.二枚爪の改善方法と予防法
6.いつまでもきれいな手先でいるために
7.爪についてのまとめ

爪の基礎知識

指の先についている爪。
とても固くできている爪ですが、実は、爪って皮膚なんです。
この皮膚が、さまざまなものに触れる指先を保護するために爪に進化したものらしいのです。
そして、この「爪」は、見た目が良くなるためについているわけではなく、とっても重要な役割があるんです。

①指先の保護

手・足それぞれの爪は柔らかい指先を保護してくれています。

②作業の補助

爪があることで、様々な細かい作業をすることができるんです。
以外にも、爪がないと、細かな作業が上手くできないんです。

③重いもの・体を支える

手の爪は、重いものを持つときにも役立ちます。
実は、指の骨って指先ギリギリまであるわけではないんです。
だから、骨のない部分は、実は爪がさせてくれているんです。
そして、足の爪は、体の体重を支えるためにも必要なんです。
何より、爪がないと出来ないこともあるほど、爪ってとっても大切な器官なんですね!!

爪のトラブル最前線

皮膚の一部という『爪』ですが、肌以上に様々なトラブルに見舞われていることが多いんです。
ここでは、爪の代表的なトラブルについて書いてみましょう!!

■爪の色が変わる

紫や赤、白、黒と、爪の色がかわってしまうトラブルがあります。
そして、このトラブルは、ほとんどが、体の不調を訴えるものが多いのです。

・紫色になる
爪が紫色になるのは、冷え症や貧血、血行不良などでこの色になります。
時折、手を圧迫したり、冬にこうなる方がいます。

・赤っぽくなる
基本的に人の爪はピンク色なので、赤とピンクの違いが分からないという場合もありますが、
爪が、真っ赤な場合には、多血症や赤血球異常、さらには、心疾患が隠れている場合もあります。

・白っぽい場合
爪が全体的に白い場合は、爪水虫を患っている場合があります。
白以外にも、濁った色になったり、爪が分厚くなったりもするんです。
爪の中が白い場合には、貧血や肝臓病、腎臓病、糖尿病などを患っている可能性があります。

・黒っぽくなる
爪もぶつけると、あざができ黒っぽくなることがありますが、そうでない場合は、悪性黒色腫になっている可能性があります。

■爪の形が変わる

爪の色が変わる以外のトラブルには…

・爪が分厚くなる
爪水虫の可能性があります。
長期間の治療が必要になりますが、必ず治るので、早めに皮膚科を受診することが大切です。

・爪の横筋ができる
爪に横筋ができると、栄養不良の可能性があります。
食生活を見直す必要がありそうです。

・爪の縦筋ができる
横筋と同じ、栄養不足や、睡眠不足、過度なストレスなどが原因のことがあります。
生活スタイルや、食生活を見直し、休暇を取得しましょう。

・爪が反り返る
爪が反り返るのは、貧血や甲状腺機能の低下などが疑われます。

爪の小さな変化は、体の不調を訴えるものであることが多いです。
爪の変化に気づき、治りづらい場合には、早めに医師の診察をうけましょう。
makitume

爪のトラブル解消法

上記で出た、爪トラブルですが、解消には、それぞれ、爪に現れた症状によって違ってきます。
自分の爪が今、どんな状態になっているのか、体調に問題はないか、健康診断など疎かになっていないか…
今一度、確認してみましょう。
そして、不安がぬぐえない場合は、早めの医師の診察を受けることをオススメします。

二枚爪の原因

爪のトラブルで忘れてはいけないのが、「二枚爪」!!
二枚爪は、爪の最も表面の部分がはがれてしまっている状態をさします。
そして、この二枚爪にも、原因があったんです。

・乾燥
乾燥する季節は、だれしも、二枚爪になりやすいです。
爪は、皮膚の一部ですから、水分がなくなれば、肌と同じくもろくなってしまいます。
水仕事を多くする主婦や、段ボールなどを使う仕事をしている方、マニキュアやネイルを頻繁にする方は、特に注意が必要です。

・爪をぶつける
重いものを持つ仕事や爪をぶつけてしまうことが多いと二枚爪になりやすいです。

・血行不良
冷え症や様々な理由で、血行が悪い状態が続くと、爪にも十分な栄養が届かず、爪がもろくなり二枚爪になりやすくなります。

・栄養不足
血行不良と同じく、体に十分な栄養が足りないと、爪に届く栄養も少なくなってしまいます。

・病気
爪トラブル最前線でも書いた通り、さまざまな病気が原因で、爪の形や色が変わってしまいます。
それと同じく、二枚爪も様々な病気が原因で起きる場合があるんです。

なかなか治らない場合や、続く場合には、早めに病院で相談するのも大切です。

二枚爪の改善方法と予防法

二枚爪の改善方法や予防方法は、二枚爪になる原因によってかわってきます。
病気の場合には、病気の治療を行わないと、治りませんが、それ以外の場合には、
乾燥を防いだり、指先をよく動かして血行を良くしたり、重いものを無理に持たないようになどなどの対策をすることで、二枚爪を予防できます。
では、二枚爪になってしまった場合、まず、マニキュアやネイルはストップ!!
二枚爪になってしまっている爪は、今弱っているところです。
弱った爪に、刺激の強い、マニキュアや除光液などの刺激は爪をさらに弱める原因になってしまいます。
次に、水仕事は、ビニール手袋をつけて行いましょう。
そして、手を洗ったら、タオルでしっかり水気をふき取り、保湿も爪の先までおこなってください。
二枚爪は、予防をしっかりすることで、きれいな爪を保つことができるんですよ。

いつまでもきれいな手先でいるために

手先は、意外にも、年齢が表れやすいところ!!
動かすことも多く、人の目にとまることもあるでしょう。
だからこそ、いつまでもキレイな肌の手でいたですよね。
そして、そのキレイな手を保つためには、紫外線に当たらないようにしたり、保湿をしっかりしたり、日頃のケアが大切になります。
また、爪のトラブルは、さまざまな病気のシグナルであることがあります。
キレイでいることも大切ですが、なかなか治らない爪トラブルや、不安に思う爪トラブルは、早めに皮膚科を受診しておきましょう。

爪についてのまとめ

neitru
今回は、二枚爪についていろいろと調べてみました!
最近は、ネイルやマニキュアで、自分の爪をあまり見ない…なんて方も多いかもしれませんが、
ネイルやマニキュアを外した時は、自分の爪を見てあげてください。
知らず知らずのうちに出ている、体からのサインを見逃してしまう前に!!


関連記事


ランキング


おすすめ記事