日光東照宮の近くで楽しめる【いちご狩り・トマト狩り】施設!

日本を代表する世界遺産『日光の社寺』、そして日光の社寺の中でも最も有名な『日光東照宮』
この日光東照宮から車で10分ほど走ったところにある『霧吹きの滝』!
様々な観光施設や自然が豊かな日光でもう一つ楽しめるのが、『いちご狩り』と『ミニトマト狩り』!
今回は、そんな『いちご狩り』と『トマト狩り』が同時に楽しめる施設をご紹介します。




目次

1.日光の社寺について
2.日光の穴場観光スポット
3.霧吹きの滝近くのレストラン
4.霧吹きの滝周辺で楽しめるいちご狩りとトマト狩り
5.トマトの種類
6.料金と利用時間について
7.まとめ

日光の社寺について

日光東照宮
日光の社寺は、ユネスコの世界遺産に登録されたことをきっかけに国内外の観光客が多く参拝をする寺社のこと。
日光のお寺と聞くと多くの方が
『日光東照宮』
『二荒山神社』

などお寺や神社の固有名称を思い浮かべますがこのすべてを総称して『日光の社寺』と呼ぶのです。
実際に日光東照宮前の道路看板には『日光の社寺』と書かれているので、日光へ観光へ行かれた際には確認してみてください。

日光の穴場観光スポット

日光の社寺周辺には多くの観光施設があり日光の歴史や自然、日本の文化を学びながら楽しむ事ができます。
その中でも私が穴場のオススメ観光施設は…

①日光だいや川公園
日光の自然と文化をテーマに作られた公園。
オートキャンプやフィールドアスレチック、ニュースポーツなどが楽しめるほか四季折々の新緑や紅葉なども楽しめます。
日光の大自然を満喫したい方にオススメ!!
住所:栃木県日光市瀬川844 MAP
電話:0288-23-0111
時間:9:00~15:45(冬季は15:30まで)
休み:年中無休
車:日光宇都宮道路今市ICよりR121、県西大規模公園経由で10分

②日光田母沢御用邸記念公園
大正期に建てられた御用邸で、中でも最も大規模な木造建築物が見れる『日光田母沢御用邸記念公園』。
終戦までの間、皇室の別荘としても使用されてきた歴史があり、御座所、謁見所、寝室などを見学することもできます。
大正時代の香りがする日光田母沢御用邸記念公園で優雅な時間を過ごしてみませんか?
住所:栃木県日光市本町8-27
電話:0288-53-6767
時間:4月~10月 9:00~17:00 受付9:00~16:00、11月~3月 9:00~16:30 受付9:00~16:00

③霧降ノ滝
霧降の滝
古くから日光には多くの滝があり、その中でも、華厳の滝、裏見ノ滝とともに日光の三名瀑に数えられる霧降ノ滝。
新緑の時期も紅葉の時期も圧巻の姿を見せてくれる高さ75mもある滝。
霧降滝入口周辺に駐車場があり、そこから約15分の道のりを歩かなければなりませんが、その道のりでも木々や昆虫などを発見でき楽しい時間が過ごせます。
滝に向かう際には、歩きやすい靴をはいていくことをオススメします。
住所:栃木県日光市所野1546-2

日光の観光地と聞くと、『日光東照宮』『華厳の滝』『中禅寺湖』など有名な観光地を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は有名処以外にも日光観光を楽しめる施設・自然が多くあります。
日光の穴場観光スポットを巡るのも楽しい旅行になるかもしれませんね。

霧吹きの滝近くのレストラン

上記で、日光周辺の穴場観光スポットをご紹介しましたが、その一つ、『霧降ノ滝』の周囲には、絶対に是非訪れていただきたいレストランがあるのです。
その名も、『山のレストラン』!!

霧降ノ滝を望むことのできるこのレストランでは、美しい景色と一緒に楽しめるのが最高の料理!

セットメニューからアラカルトまで様々な品揃えですが、そのどれもが最高の味。
多くの食通が足しげく通う北米風のレストランで贅沢な時間を過ごしてみませんか?
『明治の館』系列のため、明治の館でも食べれるチーズケーキのおみやげなども販売しています。


霧吹きの滝周辺で楽しめるいちご狩りとトマト狩り

そして、この山のレストラン、霧降ノ滝の近くには、いちご狩りやトマト狩りが楽しめる『ホテル カジュアルユーロ』があります。
栃木県と聞くと、いちご狩りのイメージが強いので、まずはいちご狩りの情報から。
『ホテル カジュアルユーロ』直営の『あはら農園・日光 ~いちごハウス~ 』で楽しめるいちご狩り。
とちおとめ
紅ほっぺ
やよい姫

などのブランド苺が有機栽培で育てられ安心安全ないちご狩りを楽しむことができます。
もちろん、ホテルに宿泊していない方でも日帰りでいちご狩りを楽しむこともできますが、予約が必要です。

続いてトマト狩り!
同じ施設内でトマト狩りも楽しめます。
取れるトマトはミニトマトで、約10種類の高級トマトがとり放題!
真っ赤なトマトから、黄色、黒、オレンジ、ハート形のトマトなど様々な種類があるので、カップル、女子旅、子連れでも楽しめる内容になっています。


ミニトマトの種類

ミニトマトの種類は、本当にたくさんあり、スーパーでも何種類も取り扱っている所も多くあります。
中でも、最もおいしいとされるミニトマトは
糖度が、6~9度もあるミニトマト。
とされていますが、好みは人それぞれで、酸っぱいトマトが好きな方もいれば、トマトの皮が苦手な方もいますよね。

自分の好きなトマトを見つけるという意味でも『あはら農園・日光 ~いちごハウス~ 』で丹精込めて育てられたトマトを食べてみてください。

料金と利用時間について

『あはら農園・日光 ~いちごハウス~ 』での苺&トマト狩りの料金や利用時間などもご紹介します。

住所:栃木県日光市所野1550-38
電話:0288-53-0500
時間:10:00~16:00(15:30最終入場)
料金:トマト狩り 30分1,200円(税込み)
   トマト販売 1袋500円(税込み)
   いちご&トマト狩りセット(プチお土産付き) 50分3,000円(税込み)

まとめ

今回は、栃木県での穴場観光スポットやいちご狩り、トマト狩りについてまとめてみました。
美味しい料理や野菜、果物で癒されながら、美しい景色、歴史に触れ栃木県をさらに深く知る機会を設けてみてください。
きっとあなただけの素晴らしい栃木を知ることができるはずです。


関連記事


ランキング


おすすめ記事