この世に生まれて間もない新生児の生活とは!?

この世に生まれて間もない新生児の生活とは!?

新生児とは、生まれてすぐから生後28日になるまでの赤ちゃんを新生児と呼びます。

出産後すぐは、病院で赤ちゃんとの生活の仕方を学ぶことが多いと思いますが、一番の問題は、病院を退院してから…

入院中は、ナースコールを『ポチッ』と押すだけで、上げ膳据え膳で全ての問題が解決していましたが、退院したらそんなスイッチは、大金持ちでもない限り持っていないでしょう!w

スイッチ

ここでは、そんな退院して間もないママと、この世に生まれて間もない新生児の生活について書いていきたいと思います。

新生児のお世話

生まれて間もない赤ちゃんの要求は主に、この4つです!

1.お腹がすいた!
2.オムツが汚れた!
3.寒いよぉ or 暑いぃ!
4.眠っ・・・

たったこれだけの要求をするために、一生懸命に泣くのです。

母乳や粉ミルクの育児について

新生児の母乳育児粉ミルク育児、または混合育児についてご説明いたします。

母乳育児

新生児の母乳育児は、赤ちゃんがおっぱいを欲しがるだけ、飲ませてあげましょう。
時に、1時間おきに授乳をすることもあるでしょうが、今、頑張れば、生後3~4か月ごろには、母乳量、哺乳量ともに落ち着いて、とても楽な育児が出来ますよ!

母乳が足りているか足りていないかの目安はというと…

1.おしっこがしっかり出ている!
2.おしっこの色が濃い色をしていない!
3.日に25g以上の体重増加がある!

この3点だけ、気を付けてあげればOK!

また、新生児のうちは、お母さんの体も疲れやすく、夕方になると、母乳の出が悪くなることもあります。

そんなときは、粉ミルクに頼り、体をしっかり休めて、次の授乳に備えてあげることも大切です。

粉ミルク育児

多くの産院では、母乳を推奨しているところが多いですが、赤ちゃんのNICUまたはGCUの入院や、ママの産後のトラブル、仕事復帰、様々な事情で母乳育児できない方も多いと思います。

しかし、母乳で、育てようと、粉ミルクで育てようと、赤ちゃんへの愛情が変わるわけではありません。

粉ミルク育児の場合、粉ミルクを赤ちゃんの好きなだけ与えると、肥満になる恐れがあるので、ミルク缶の上に書かれている量をある程度守ってミルクを与えましょう。

さらに、粉ミルク育児の場合、赤ちゃんが嫌がらなければ、早いうちに『おしゃぶり』を始めてあげると、口呼吸を防いであげることができます。

哺乳瓶

混合育児

新生児のうちは、多くの赤ちゃんが混合育児だと思われます。

混合育児とは、粉ミルクと、母乳を混合で与える育児のこと!

基本的には、母乳メインで、粉ミルクは母乳で足りない時や、ママが体を休めたいときに使うのがオススメ!

しかし、仕事復帰を予定している場合や、上のお子さんの赤ちゃん返りなどが理由で、母乳を断念する場合は、母乳外来などで、母乳を止める方法を教えてもらうと良いでしょう。

オムツの選び方は?

赤ちゃんのオムツの選び方
オムツの選び方は、多くの場合が、産院で使っていたオムツを使う!という方が多いと思います。

特に、3000g以下で生まれた赤ちゃんの場合、普通の新生児用オムツだとブカブカになってしまうので、ムーニーの新生児よりも小さいサイズのオムツを使うことになります。

しかし、育児に余裕が持てたなら、是非、紙おむつではなく、布おむつを使ってみてください。

布オムツを使う場合のメリットは…

●経済的!(初期費用と、洗濯代しかかかりません)
●かぶれ知らず!
●オシッコやうんちの回数が把握しやすい
●オムツ外れが早い

などの、メリットがあります。

また、肌も呼吸をしているので、紙おむつの化学物質の吸い込みを少しにできる!

最近では、生理用品も布を使っている女性が多いです。

是非、育児に余裕が出てきたら、布オムツを使ってみてください。

赤ちゃんの快適な室温

赤ちゃんは、大人のように、体温調整がうまくできません。

そのため、室温に気を配り、快適な室温を保ってあげることも必要になります。

赤ちゃんにとっての、快適な室温は…

夏場で、26度~28度

冬場で、22度~25度程度

さらに、湿度は40%から60%程度が最も快適な室温、湿度とされています。

もちろん、掃除の時間などは、空気の入れかえなども十分に行ってください。

理由もなく泣くときは・・・

泣く赤ちゃん
赤ちゃんは、泣くことで、自分の意志を大人に伝えます。

そのため、泣いている理由が分からないときには、側にいる大人も参ってしまうことも…

そんな時には、数回深呼吸をしてから、赤ちゃんのお世話をしてあげましょう。

さらに、夕方になると、『黄昏なき』という、泣き方をすることも…

特にこれっといった理由はないものの、夕方に機嫌が悪くなるのです。

時には、ママも休息を取りながら、赤ちゃんのお世話をしてあげてください。

これって病気?

これって病気?
出産後、退院診察を受けて退院したはずなのに、赤ちゃんの様子がおかしい…

そんな時、お母さんはきっと、ビックリしてしまうと思います。

新生児の病気を疑う症状として…

ウンチの色が、『赤』『黒』『白』などの場合、または、2日以上ウンチが出ていない場合
おしっこが6時間以上出ていない
ゲップをしたのに、噴水のようにたくさんのミルクを吐きだす
グッタリしている。(泣かない)

などの症状がある場合には、早急に出産をした病院を受診しましょう。

おわりに

妊娠中は、早く赤ちゃんの顔を見たい!!と思っていても、生まれてみると…

『お腹の中にいた頃の方が…』なんて思ってしまうこともあるでしょう…。

そんな時には、家族やファミサポ(※)をお願いして、ママも休養を取りながら育児をしてください!

ママは、絶対に一人で頑張りすぎないでくださいね!!

※ファミサポとは…
ファミサポ(ファミリーサポート)は、地域の子育てと、仕事、介護などの両立を応援してくれるサポートセンターです。
ファミサポを利用したい利用者が援助の申請をすると、近くの援助をしてくれる方の紹介をしてくれます。
有料ですが、一時預かりの保育園を探すよりもお手軽で、幼稚園の送迎だけでもお願いできるメリットがあります。


関連記事


ランキング