zyoseikesyou

頑張ってるのに!実はモテから遠ざかっているメイク5選

「このメイクであなたもモテ顔に!」
「男子受けするメイクはこれ!」

などなど、巷ではモテメイクの情報があふれています。
でもちょっと待ってください!
何でも鵜呑みにして流行メイクをすると、モテから遠ざかってしまうかもしれません。




目次

1. 白浮きする肌
2. 違和感しかないカラコン
3. あがり過ぎの睫毛
4. 酔っ払いチーク
5潤いマックスのリップ

白浮きする肌

ずいぶん前から美白ブームが続いていますよね。
透明感のある白肌に憧れる女性の気持ちは分かります。
ですが、男性はあまりに白過ぎると引いてしまうみたい。
特に首との色違いに注意しなければいけません。
首まで白く塗るか、素肌よりやや明るめのファンデーションで仕上げると自然になりますよ。
グリーンやピンクのコントロールカラーを下地にすると肌に透明感が生まれます。
fannde

違和感しかないカラコン

装着するだけで目の印象を変えてくれるカラーコンタクト
カラコン中毒になる女性がいるほど社会現象になりましたが、男性受けはイマイチです。
まず、違和感が拭えないのです。

「必要以上に瞳が大きくて怖い」
「宇宙人みたい」
「会話するとき目の焦点が合ってない」

など散々なもの。
それでも、元々の瞳より少し大きいくらいのカラコンやブラウンなら許容範囲だと言う男性もいます。
違和感の少ない程度に留めておくのが良いようです。
karakonn

あがり過ぎの睫毛

カラコンと同じく付け睫毛も流行りましたね。
確かに美しくセパレートしカールされた睫毛は目を大きく見せてくれますが、こちらもやり過ぎは男性の不評を買ってしまいます。
マスカラを塗り過ぎた際よく言われるヒジキ目と同様、ツケマをバサバサさせた目はケバいと感じる男性も。
睫毛メイクのおすすめは目尻だけツケマを付けること、マスカラのみの場合はカールさせないこと。
目尻だけにツケマをすると、目の横幅が広がり睫毛の不自然さが消えます。
マスカラでカール無しはすだれ睫毛と言って、目を伏せた際に睫毛を長く見せてくれるうえ、色気や儚げさが出ると好評です。
ロングタイプのマスカラがおすすめ。

酔っ払いチーク

通称おフェロチークと呼ばれる、目の下に赤くチークを塗るメイクです。
モデルや女優さんが似合っていても、一般人の私たちに合うとは限りませんよね。

「酔っぱらってるみたい」
「頭の軽い子に見える」
「魅力を感じない」

など男性陣の評価は厳しいものが多いです。
チークは顔の血色感を良くするものなので、頬や頬骨に沿って塗るのがポイント。
くすみのあるピンクやローズを使って、花が咲いたような可憐な頬に仕上げてみましょう。

潤いマックスのリップ

riltupu
最近ではグロスが主流で口紅を使う女性が減っているそうです。
テクニック無しで塗れるグロスは便利ですが、油分が多いと感じる男性もいます。

「テカテカ、ギトギトになっている唇にキスしたくない」
「ヌルヌルして不快」

過剰な潤いはNG のようです。
それでもグロス1本でリップメイクを仕上げたい女性は、塗ったあとでティッシュオフするか、指で唇を一周なぞります。
そうすると自然な潤いになるのでおすすめです。
口紅と兼用したい女性は、グロスを唇の中央のみに付けると自然なツヤのあるリップになりますよ。
zyosei
人には好みがありますから、絶対このメイクはモテる、モテないとは言い切れません。

おフェロチークが好きな男性
カラコンでハーフみたいになった女性が好きな男性
流行のメイクが好きな男性
すっぴん風が好きな男性

どのようなメイクが好きかは、様々です。
参考程度にして、自分に合ったメイクを見つけてください。
自分らしい自然なメイクなら、どんな男性もイチコロですよ!


関連記事


ランキング