世界遺産で豪快に打ちあがる熊野大花火!女子旅での楽しみ方!!

世界遺産で豪快に打ちあがる熊野大花火!女子旅での楽しみ方!!

日本の夏の風物詩といえば、打ち上げ花火ですよね!
今まで、芦ノ湖花火大会長岡まつり大花火大会ふくろい遠州花火大会と、日本でも有名な花火大会を女子旅で楽しむ方法をおおくりしましたが、今回は、三重県熊野市で開催される熊野大花火を女子旅で楽しむ方法をご紹介します!!




目次

1.熊野大花火大会の歴史
2.熊野大花火大会開催情報
3.花火大会までの観光情報
4.当日は交通規制もされるの?
5.まとめ

熊野大花火大会の歴史

熊野大花火大会の起源!
実はその起源は、はっきりとしたことが分かっていないのですが、なんと、 250年~300年前 から始まったともいわれています。
もともとは、お盆の初精霊供養のために、初期のころは、簡単な打ち上げ花火を打ち上げていたようですが年々規模も拡大しています。
ですが、当初の目的の通り打ち上げ花火の火の粉で灯籠焼きを行ったり、初精霊供養、追善供養など現在でも打ち上げ花火のプログラムが組み込まれています。
打ち上げ花火の美しさに魅了されるだけではなく、歴史を知って、供養や先祖に思いをはせることも大切ですね!

熊野大花火大会開催情報

2017年に開催される熊野大花火大会の日程などの情報です。
開催日は、 2017年8月17日(木)
雨天や高波が原因で延期の場合は、 22日(火)23(水)28(月)29(火)のいずれかに変更されて開催されます。
花火打ち上げ開始時間は、 19:10~21:30
総打ち上げ数は、10.000発
世界遺産鬼ヶ城が舞台となって轟音が響き渡る「鬼ケ城大仕掛」、移動する船から花火玉が海上に投げ込まれる「海上自爆」!
自爆と聞くと、ビックリされる方もいるかもしれませんが、海上に咲く半円の花火は、一度見たら魅了されること間違いなし!!
海で行われる花火大会のため、海上の岩場や洞窟などで響く音など、音の響き方、花火の光と様々な楽しみ方ができる花火大会ですね!

花火大会までの観光情報

花火大会が開催される19:10まで、せっかく女子旅でお出かけするのですから、観光も楽しみたいですよね!
三重県熊野市周辺での観光情報も調べてみようと思います。

◇熊野那智大社
全国の4000社ある熊野神社の御本社!
熊野夫須美大神(イザナミノミコト)を主祭神とする「熊野十二所権現」を祀り、ヤタガラスが石に姿を変えたとされる鳥石などがあり、熊野那智大社からすぐのところには、「那智の大滝」もあり、森林と、滝を見て癒されることもできますね。
拝観時間:8:30~16:30
所在地〒649-5301
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
電話番号 0735-55-0321

よっ日本一🇯🇵👏🏻 . 気持ち良い天気☀️😊 #世界遺産 #那智の滝 #帰省しています #マイナスイオン #パワーチャージ

ᵞᴼᴷᴼ ᵞᴬᴹᴬᴰᴬさん(@panna0313)がシェアした投稿 –

◇北山川観光筏下り
山から切り出された木材を筏に組んで運ぶことを「筏下り」といいます。
この筏下りを観光用にしてできたのが、「北山川観光筏下り」です。
丸太に乗って静かな流れの川を渡るときには、周りの景色を楽しみ、激流の中を渡るときには、川の流れやスリルを楽しむことができます。
所在地 〒647-1604
和歌山県東牟婁郡北山村大字下尾井335
電話番号 0735-49-2324
予約が必要ですので、必ず予約をしてから行きましょう。


当日は交通規制もされるの?

花火大会当日ですが、熊野大花火大会では、周辺の交通規制が行われます。
規制される道路は、熊野尾鷲道路(尾鷲南IC~熊野大泊IC)の
下り(和歌山方面)一般車両通行止めです。
規制される時間も、9:00~21:00 と長い時間規制されるので、注意が必要です。
ただし、バスやタクシー、障がい者乗用車車両は、通行できます。

まとめ

旅行サイトなどでも、花火大会特集が行われ、現在でも交通規制を回避したルートでの宿泊先への案内を行っているところもあります。
また、有料席の販売も行われているので、是非確認してみましょう。
事前に様々な情報を集めて、夏の女子旅を楽しみましょう!


関連記事


ランキング