男性に幻滅されない肌作り!カミソリ脱毛でモテ女を目指す

男性に幻滅されない肌作り!カミソリ脱毛でモテ女を目指す

女性の身だしなみである脱毛。
肌を露出する春夏と違い、秋冬は脱毛をサボりがち・・・
そんな女性はいませんか?
モテ女を目指すなら、いついかなる時でも完璧に脱毛を!
今回は忘れがちな部位と肌に負担をかけないカミソリ脱毛の方法をお伝えします。




目次

1.男性がドン引き!剃り残し注意の部位
2.肌荒れの原因にも!カミソリ負けしない方法

男性がドン引き!剃り残し注意の部位

ワキや腕、足、全身完璧に処理したつもりでも、剃り残しや剃り忘れは目ざとく男性が見ています。
恋のチャンスを逃してしまうかもしれない 3つの部位をご紹介しますね。

・口の周り

生えない人は生えませんが、毛濃い女性やホルモンが乱れている女性に生える口の周りの毛。
顔を近づけたとき、キスをするときなど、ばっちり男性に見られてしまいます。
また、毛が生えているとビールや牛乳を飲んだあと泡や牛乳が付いてしまうことも。
気にしない男性もいるでしょうが、やはりここは剃っておきたいものです。

・指の毛

彼からサプライズプレゼントの指輪。
ドラマや映画のように彼が指輪をはめてくれる・・・
なんていうシチュエーションで指に毛がサワサワ。
これではせっかくのロマンティックな雰囲気が崩れてしまうかもしれません。
某ドラマで某女優さんの手がアップになったとき、指の毛が多くて視聴者がザワついた、なんてことが実際あったようです。
指の毛、手の甲の外側(うっすら生えている場合があります)、足指の毛も念入りに処理しておきましょう。

・うなじ

後ろ髪を掻き上げたとき、ポニーテールやお団子頭をしたときに見えるうなじ。
うなじが好きな男性は多く、ときめき度の高い部位でもあります。
また、サプライズプレゼントがネックレスだった場合、男性が彼女の首にネックレスを付けてくれるシチュエーションだってありますよね。
その際、うなじがムダ毛だらけだと思うとゾッとしませんか?
処理が難しいうなじの毛ですが、三面鏡や手鏡を駆使して処理を行うようにしましょう。
maru

肌荒れの原因にも!カミソリ負けしない方法

入浴中、簡単に行うことができるカミソリは便利ですよね。
ですが処理後に痒みが出る、赤くなる、何度も剃った部位が黒くなる、などの肌トラブルに見舞われることがあります。
剃る行為自体が肌に負担をかけてしまうからです。
カミソリ負けしている肌はムダ毛以上に男性にとって気になるもの。
痛々しい肌を見せないよう、脱毛する際は工夫する必要があるのです。

・オイルを使う

脱毛する際、何を使っていますか?意外と多いのが石鹸やボディーソープ。
体を洗うついでに便利ですが、実はこのやり方が肌荒れ原因に。
泡がカミソリの滑りを良くしてくれると勘違いしている人が多いのです。
実際には泡が体の皮脂を余分に取りすぎてしまい、カミソリの滑りが悪くなっている状態なので、知らず知らず肌を傷付けているという訳です。
脱毛にはカミソリの滑りを良くするベビーオイルやシェービングオイルが適切です。

・湯船に浸からない

脱毛後はそのまま脱衣所へ行くことをおすすめします。
脱毛後に湯船に浸かる行為が、肌荒れするかしないかのキモだからです。
湯船には目に見えなくても、雑菌が浮いています。
オイルを使って脱毛しても少なからず肌に傷は付いていますから、その肌で湯船に浸かるとどうなるか想像できると思います。
傷口から雑菌が入り込み、肌荒れを起こしてしまいます。
脱毛後は湯船に浸からない。
肝に銘じておきましょう。

・カミソリのお手入れをじゅうぶんに

kamisori
脱毛のおとも、カミソリ。
こちらのお手入れが不十分では切れ味どころか、肌荒れの原因にもなります。
カミソリの刃はなるべく毎回新しいものを使いたいものです。
面倒なら3回使用する毎に変える、など決めておくと良いですね。
また、カミソリは使用後どうしていますか?
浴室に置いたままにしているとカミソリの刃は湿気でサビてしまいます。
目には見えなくても小さなサビが肌を傷めることもあるので、カミソリは湿気のない風通しの良い場所で保管するようにしてください。
肌への負担を少なくしながら、しっかり身だしなみを整えていきましょう


関連記事


ランキング