お肌だけじゃない!髪の乾燥も防がなきゃ!!

寒さも本格的になって冬本番ですね。
冬は何かとカサつく季節。
暖房のきいたお部屋にいると、お肌はカサカサ、喉もカサカサ…
そんな経験ありませんか?
お肌や喉が渇いているということは、髪の毛も乾燥しているのです。
お肌や喉の乾燥は、クリームを塗ったり、水分をとったりすれば解決します。
でも髪の毛の乾燥はそう簡単には解決できません。
髪の乾燥は髪の毛を傷めしまう原因になりかねません。
そこで今回は冬の髪の乾燥の防ぐとっておきの方法をご紹介します!

目次

1.髪の毛が乾燥する原因
2.髪の毛が乾燥したらどうなるの?
3.髪の毛の乾燥を防ぐ方法とは?
4.まとめ

髪の毛が乾燥する原因

冬になるとなぜか、髪の毛が広がりやすい…
そんなことありませんか?
これは、冬の空気の乾燥が原因の一つなのです。
冬になるとお肌も乾燥してきますよね?
それと同じく髪も乾燥するのです。
では、なぜ髪の毛が乾燥するのでしょうか?
まず、髪の毛は内側から水分が奪われていきます。
暖房のきいた部屋は、湿度がさがり乾燥します。
湿度は60%が乾燥か否かのボーダーラインになります。
湿度が60%を下回ると、風邪をひきやすくなるとも言われています。
髪の毛や肌も同じで、湿度60%を下回ると水分が蒸発し、乾燥してしまうのです。
どうしても私たちは、お肌の乾燥は気にかけるのに髪の毛の乾燥は見逃してしまいます。
これからは、お肌と同じような髪の毛の乾燥にも気をつけてみてください。

髪の毛が乾燥するとどうなるの?

さて、水分が蒸発して、キューティクルが弱くなってしまった髪の毛は、どうなってしまうのでしょうか?
乾燥してしまった髪の毛は、髪の内側のタンパク質が減ってしまった状態にあります。
髪の内側のタンパク質が減っているということは、髪の表面のキューティクルも減っている状態にあるんです。
そうなってしまうと、髪の毛の表面はガタガタになってしまって、外部との摩擦を受けやすくなるのです。
外部との摩擦を受けると、静電気が起きやすくなり髪の毛が傷む原因になります。
さらに、髪の毛の乾燥は、頭皮の乾燥の原因に。
頭皮が乾燥してしまうと、フケを発生させてしまう恐れがあります。
髪の毛の乾燥は、髪をパサパサにさせるだけでなく、広がりやすくなったり、さらには、頭皮の乾燥によって抜け毛の原因にも繋がります。
髪の毛も、お肌と同じようにちゃんと乾燥ケアしたいものですね!

髪の毛の乾燥を防ぐ方法とは?

こんにちはBITORIAのnarumiです。 12月になり、急に寒くなりましたね! 12月ってこんなに寒かったっけ?とおもったのですが去年があまり寒くならなかった分今年はとても寒く感じるみたいですね(>_<) 急激に寒くなると足が冷えたり筋肉が固まりやすくなりむくみを感じませんか? むくみやすくなってきた方はやはり湯船に浸かったりマッサージをしてあげてほしいのですが、 実は脚やお顔以外にも血行が悪くなり凝りやすくなる部分があるんです! 頭皮です!あまりふだん意識していないかもしれませんが、頭皮と顔の皮膚は1枚の皮膚でつながっているのです! 頭皮が固くなっていれば老廃物も溜まったまま、くすみも抜けません。そして老廃物の溜まった頭皮は加齢と共に下がってしまいます。 なので、頭皮を血行を良くしてあげることによってお顔が張りがでてきたり、むくみにくくなるのです♪ なので、最近むくみが強いなという方は是非頭皮もマッサージをしてくださいね♪ 頭皮マッサージ 1、小指をこめかみあたりに置き、耳を覆うように耳たぶの後ろに薬指から中指までを置いていきます。 親指は首の付け根あたりに固定 2、親指は動かさず、残りの四本の指で円を描くようにマッサージしていきます。 3、指の位置を少しずつ頭の上にずらしながらマッサージを続けます。 クレンジングオイルでやってあげたりシャンプーの時に軽くやってあげるといいですよ♪ #小顔矯正#骨盤矯正#表参道#池袋#BITORIA#頭皮マッサージ

BITORIA 小顔矯正さん(@bitoria0607)がシェアした投稿 –


では、どうすれば髪の毛の乾燥を防ぐことができるのでしょうか?
髪の毛は内側と外側からの両方からケアすることをお勧めします。
まずは、内側のケアの方法からご紹介します。

食生活を見直す

髪の毛の成分の多くはタンパク質だと言われています。
弱くなってしまった髪の毛は、タンパク質が低下しています。
ですから、まずは食生活を良質なタンパク質を摂取するところから始めましょう。
タンパク質の多く含まれている代表的な食べ物として、卵や牛乳、大豆などがあります。さらに乳製品などにも多く含まれています。

良い睡眠をとる

一見、髪の毛の乾燥とは無関係にも思えるかもしれませんが、しっかりと良い睡眠をとることは、強い髪の毛、強い頭皮を作ると言われています。
規則正しい時間にしっかりと眠ることで、乾燥に負けない髪を作ります。
次に外側から髪の毛の乾燥を防ぐ方法をご紹介します。

トリートメントをする

乾燥する冬場は、2日に一度はトリートメントをしましょう。
トリートメントは、リンスとは異なります。
シャンプー&リンスのあとに髪を保護するためにトリートメントをします。
この一手間で、髪の毛の乾燥を少し和らぐことができますよ。
最近は、オイルトリートメントというものもあり、しっかりと髪の毛の表面をオイルでコーティングしてくれます。

頭皮のマッサージ

髪の毛の乾燥を防ぐのに頭皮?
と思うかもしれませんが、髪の毛が生えているところは頭皮。
花で言う土の部分です。
花に栄養を与える場所でもあります。
だから、髪の毛のケア以上に頭皮のケアが大事なのです。
指の腹でポンポンと頭皮を刺激する簡単な方法から、サロンで本格的に受ける頭皮ケアまで様々ですが、一生大事にしたい髪の毛だから、しっかりと頭皮もケアしましょう。

まとめ


これから益々、寒くなる日本列島。
お肌の乾燥をケアするように、髪の毛もきっちり保湿ケアするように心がけましょう。
これでもう、パサパサ髪の毛とは無縁です!
冬でも艶のある髪の毛でいるために、ぜひ今日から始めてみてくださいね。


関連記事


ランキング


おすすめ記事