今更聞けないお歳暮のマナー

今更聞けない、お歳暮マナーについて!!

家庭を預かる方なら知っておきたい、四季折々のマナー
年の終わりころにお世話になった方々に贈り物をする『お歳暮』もその一つです。
近年では、核家族化が進み、家族でお歳暮について知らない方が増えているのも事実…。
そこで、今回は、女性なら見いつけておきたいお歳暮マナーについて調べてみようと思います。




目次

1.お歳暮ってなに?
2.気になるお歳暮マナー
3.お歳暮を贈る時期は?
4.誰宛に贈ればいいの?
5.お歳暮ののしの書き方!
6.お中元との違いはあるの?
7.お歳暮を贈り忘れたら
8.お歳暮をいただいた時のマナー
9.お歳暮の選び方
10.まとめ

お歳暮ってなに?

お歳暮という言葉は、だれでも聞いたことはありますよね。
お歳暮は、もともと、年の暮れ(年末)に1年間お世話になった方へ贈り物をする日本古来の風習のことです。
実は、お歳暮に似た風習は、江戸時代からあったといわれ、日本の大切な文化の一つなのです。
近年では、直接お世話になっていなくても、親戚や上司、御近所などでお歳暮を贈ることもあるようです。

気になるお歳暮マナー

実は、お歳暮のマナーで多くの方が知らないことの一つに、
『お歳暮は、手渡しで渡すもの』というマナーがあります。
もちろん、遠方でご自宅までうかがえない場合は除いて、手渡しでお歳暮を渡すのがマナーとしては正しいマナーなのです。
もし、郵送や宅急便でお歳暮を贈る場合には、品物が届く前に「送り状」を送ります。
この送り状には、日ごろの感謝やお歳暮を贈ったという趣旨を書きます。
(会社によっては、上司にお歳暮を贈ることを禁止しているところもあるので、贈る前に会社に確認することも忘れずに!)
kansya

お歳暮を贈る時期は?

お歳暮を贈る時期ですが、一般的に12月上旬から12月20日ごろまでに贈るのがマナーです。
しかし、最近は、夫婦共働きの家庭も増え、お歳暮の受付も年々前倒しされ、大手ショッピングモールや百貨店などでは11月上旬から受付を行っています。
品物によって誤差はありますが、送付時期も自分で決められる品物であれば、12月に入ってから送られるように手続きをしましょう。

誰宛に贈ればいいの?

お歳暮の送り先は、夫婦の仲人、上司、親戚や日ごろお世話になっている方や、子供の習い事や塾の先生宛に送ります。
ここで注意したいのが、子供が通う学校の先生にお歳暮は贈らないのがマナー。
私立の場合は、別ですが、公立の場合は絶対にやめましょう。
そして、お歳暮の宛名ですが、一般的に家庭の世帯主に贈るのが一般的です。
もちろん、お世話になっている方が世帯主でなくてもお世話になっている方宛に送るのもOK!

お歳暮ののしの書き方!

最近ののしは、百貨店などでつけて送ってくださることが多くなったので、贈る側が手書きで書くことは減っています。
が、のしについても調べてみましょう。

まず、水引の上に「お歳暮」または「御歳暮」と記入し、水引の下に贈る側に名前を記入します。
この名前は、苗字だけでも、フルネームでもどちらでも大丈夫。
さらに、手渡しで渡す場合には、包装紙の上にのしを付けて渡し、宅急便で送る場合には包装紙の内側に(内のし)して送るのがマナーです。

お中元との違いはあるの?

日本には、御歳暮のほかに、お中元というこれまたお世話になった方に贈り物をする習慣があります。
お中元は、6月~7月ごろにお世話になった方へお礼を込めて贈り物をします。
お中元とお歳暮年に2回の贈りものをするということですね。
そして、御歳暮とお中元の大きな違いは、時期です。
お中元は年の真ん中で、御歳暮は、年の暮れに贈るのでお中元より、御歳暮の方が高価な品物が選ばれる傾向にあります。

お歳暮を贈り忘れたら

もしも、

御歳暮を贈り忘れたら…
毎年、贈っていたのに忘れてしまった場合や、始めての御歳暮で忘れてしまったら…
どうしましょう…。

最近では、御歳暮の時期ギリギリまでお歳暮コーナーが百貨店などで設けられ、忘れてしまっても間に合うことも多くなりましたが
万が一、12月20日を過ぎてしまった場合には、「寒中お見舞い」「寒中御見舞」「寒中お伺」「寒中御伺」と水引の上に書き起きりましょう。
さらに、この時期も過ぎてしまった場合は、1月1日~1月7日までは「御年賀」「新年のご挨拶」
さらに、この時期も過ぎ1月8日~2月4日までは、また「寒中お見舞い」「寒中御見舞」「寒中お伺」「寒中御伺」で送ります。

お歳暮をいただいた時のマナー

御歳暮をいただく場合もあると思います。
そんな時も忘れたくないのが、マナー
手渡しで御歳暮をいただく場合は、突然の訪問でなければ部屋やお通しし、お礼を直接伝えましょう。
宅急便で送られてきた場合には、御礼状をお送りするのが、マナー。
そして、御歳暮をいただいたからと言って基本的にお返しをする必要はありませんが、立場上贈る場合には、品物と一緒にお礼状を入れても大丈夫です。
また、お礼状を贈るときも、12月20日を過ぎていたら「寒中御見舞」としてお送りし、御歳暮のお礼をしましょう。
tegami

お歳暮の選び方

御歳暮を贈るときに一番悩むのが、「何を贈るか」ということ…。
もし、贈る方の嗜好が分かっていれば、好きなものを送ってあげるのが一番喜ばれます。
ただし、糖尿病の方に甘いお菓子や、禁酒をしている方にお酒を贈るのは厳禁!
できれば、最近の体調についても調べておくのが良いでしょう。
また、賞味期限が短いものを大量に送るのも避けましょう。
家族構成も気にしながら贈るのがベスト!
衣類やアクセサリーは、御歳暮には向かないし、洗剤は好みが分かれてしまうので、あまりオススメできません。
と考えていくと、何を送っていいのかわからなくなってしまう方も多いはず…。
そんな時には、贈られた相手が品物を選ぶカタログ型の御歳暮もお勧めです。
もし、何を贈るか迷ったら、予算内のカタログを送ってあげるのも良いですね。



まとめ

今回は、御歳暮について調べてみました。
もうすぐお歳暮の時期がやってきます。
家族が恥じをかかぬよう、マナーを守り、お世話になった方へお礼を伝えましょう。



ランキング