ひまわり728

2018年オススメの夏休みの過ごし方!!

酷暑が続くなか、すでに夏休みが始まった学校もありますね。
私の娘の通っている学校でも、来週から夏休みがスタートします。
1カ月以上にもなる子供たちの夏休み、どのように過ごそうま迷っているママさん、是非、この記事を参考に
楽しい夏休みを満喫してみてください。




目次

1.2018年夏休みの期間
2.遊び好きの子にオススメの夏休み遊び場
3.ゆっくり過ごしたい子にオススメの遊び場
4.今年は特に注意したい遊び場
5.夏休みの宿題も一緒にできる図書館
6.忘れちゃいけない夏休みの宿題
7.まとめ

2018年夏休みの期間

今年の夏休みは、早い学校で7月14日土曜日から、遅い学校でも7月21日土曜日から夏休みがスタートしました。
だいたいの学校が、9月3日月曜日から学校が始まるので、長い学校で51日、短い学校でも44日も学校がお休みになります。
長い長い夏休みですが、子供たちにとっては待ちに待ったお休み!!
大人も、子供も、楽しく過ごせるようにしたいですね。

遊び好きの子にオススメの夏休み遊び場

沢山体を動かすのが好きな子にオススメの夏休みの遊び場をご紹介!

・MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

『見るだけじゃない、体を動かすミュージアム』で遊べるMORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless!
新感覚のミュージアムが、広さ10,000㎡の広大な空間で50作品が展示されています。
5つの世界観で構成された展示物は、大人も子供も不思議な空間が楽しめます。

住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
電話:03-6406-3949
営業時間:
10時00分 ~ 22時00分
■月~木   11:00 – 19:00(21:00)
■金・祝前日 11:00 – 21:00(22:00)
■土     10:00 – 21:00(22:00)
■日・祝日  10:00 – 19:00(20:00)
定休日:火曜日
料金:子供1,000円(4才~14才)
   大人3,200円
0才~3才は無料
公式サイト:https://borderless.teamlab.art/jp/

・白樺リゾート池の平ファミリーランド

避暑地としても人気の観光地、長野県白樺、ここにある池の平ファミリーランドは2018年で50周年を迎えます。
新アトラクションも50週年リニューアルオープンしています。
小さな赤ちゃんから大人まで家族で満喫できる遊び場で徒歩2分で池の平ホテルへも行ける好立地の遊び場です。

住所:長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1596
電話:0266-68-2100(池の平ホテル予約センター)
時間:10時00分 ~ 17時00分
料金:子供フリーパス平日2,500円、休日3,100円
   大人フリーパス平日3,100円、休日4,200円
公式サイト:http://familyland.ikenotaira-resort.co.jp/

白樺リゾート

ゆっくり過ごしたい子にオススメの遊び場

2018年は梅雨も早くあけてしまい、すでに酷暑です。
熱さが苦手な子や、ゆっくり過ごしたい子が楽しめる遊び場もご紹介!

・埼玉県立自然の博物館

秩父郡長瀞町にある埼玉県立自然の博物館は、人と自然の共存を考える博物館!
関東の内陸県として知られる埼玉県で見つかった巨大サメや海獣パレオパラドキシアなどの生物の化石も展示。
夏休み中は、特別展『ハチを知る』が開催され、ハチについて学ぶことができます。

住所:埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話:0494-66-0404
時間:9時00分 ~ 16時30分(7月~8月は、9:00~17:00まで)
定休日:月曜日(7月~8月は開館)
料金:中学生以下無料、高校、大学生100円
   大人200円
(障害者手帳をお持ちの方と、介助者1名まで無料)
公式サイト:http://www.shizen.spec.ed.jp/

・藤子・F・不二雄ミュージアム

世代を超えて愛され続ける『ドラえもん』の生みの親『藤子・F・不二雄』さんのミュージアム!
子供なら誰もが好きで、大人は懐かしいドラえもんの世界観が楽しめる空間。
小さな子から大人まで楽しめる展示物以外にレストランでは、暗記パンなどドラえもんの未来道具を実際に食べることもできる。
時間を忘れてドラえもんの世界を楽しむことができる空間になっています。

住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
電話:0570-055-245
時間:10時00分 ~ 18時00分
みなさまにゆっくりご覧いただけるように、日時指定による予約制の入館です。
入館時間は1日4回。
(1)入館指定時間 10:00 / 入館締切時間 10:30
(2)入館指定時間 12:00 / 入館締切時間 12:30
(3)入館指定時間 14:00 / 入館締切時間 14:30
(4)入館指定時間 16:00 / 入館締切時間 16:30
定休日:火曜日(夏休み期間は開館)
料金:子供500円、中高生700円(3才以下は無料)
   大人1,000円
(障害者手帳をお持ちの方は無料)
公式サイト:http://fujiko-museum.com/

今年は特に注意したい遊び場

酷暑、猛暑、と言われ、熱すぎる2018年の夏。
暑い日に外で活動すると、熱中症になる危険もあるので、できるだけ暑い日に外で活動するのは控えましょう。
また、どうしても屋外で遊ぶ場合には、こまめな水分補給と、帽子の着用、日陰での活動を意識し、熱中症にならないよう工夫をする必要がありそうです。

夏休みの宿題も一緒にできる図書館

図書館
さらに、今年、私が勧めたい夏休みの過ごし方は、『図書館』の利用です。
図書館は、冷房がつき、涼しい上に、静かに過ごせる空間です。
館によっては、無料のお水やお茶も用意されていて、熱中症予防もできます。
さらに、夏休みの宿題を持ちこむ事で、宿題も済ませる事もできちゃいます。
分からない事は、図書館にある図書で調べてしまうこともできるので、本当に便利ですね。
利用方法を守り、安全に過ごせる空間で夏休みの宿題も終わらせちゃいましょう。

忘れちゃいけない夏休みの宿題

夏休みの宿題
上記でも少しふれましたが、夏休みは遊んでばかりはいられません。
そう!
夏休みの宿題があるのです。
しっかり夏休みの宿題も終わらせるためにも、余裕のあるスケジュールを作り、遊びと勉強を両立させましょう。

まとめ

今回は、夏休みの過ごし方についてまとめてみました。
長い長い夏休みですが、笑顔で楽しく過ごすためにも宿題と遊びのバランスをしっかり確認してあげてください。
また、熱中症や夏風邪などで体調を崩してしまうこともあるでしょう。
大人も子供も体調を十分に気遣い、楽しい夏休みを過ごしましょうね!!


関連記事


ランキング


おすすめ記事