乳酸トップ

乳酸は実はダイエットの味方だった?乳酸を上手に使って美しい体を手に入れる方法!!

乳酸って皆さん1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
ある年齢の方は、中学、高校の保健体育の時間で、「筋肉の疲労の原因は乳酸である」と教わった方もいるはず!(私もその一人です)
でも、この乳酸、味方につけると、実はダイエットの強い味方になることが分かったんです!
今回は、そんな乳酸についてトコトン掘り下げてまとめていきますね。




目次

1.乳酸って何?
2.体の中での乳酸の役割
3.乳酸の特徴
4.乳酸は悪者じゃなかった!
5.乳酸のメリット
6.乳酸を利用したダイエット方法
7.疲労物質ではない乳酸との上手な付き合い方
8.ダイエットに無理は禁物!!
9.乳酸を使ったダイエット法のポイント
10.まとめ

乳酸って何?

よく筋肉トレーニングなどをすると『乳酸がたまった!』という言葉聞いたことありますよね。
この『乳酸』って、言葉では良く聞くけど、どんなものなのか皆さんご存知ですか?
実は、乳酸は、運動するときに筋肉の中に蓄えられていた糖質の一種、筋グリコーゲンを分解して筋肉のエネルギーにすることで運動することができます。
この筋グリコーゲンを分解するときに、一緒に生み出されるのが、『乳酸』なのです。
基本的に、作られた乳酸はエネルギーとして再利用されるのですが、乳酸の量が多くなりすぎると『乳酸がたまる』と感じられるのです。

体の中での乳酸の役割

『乳酸』の中には、いくつかの役割があります。

・筋肉で作られる乳酸

筋肉を使うと筋グリコーゲンの分解時に乳酸も一緒につくられます。
作られた乳酸は一度体の中で中和されエネルギー源として使われます。
エネルギーとして使われなかった乳酸がたまると、疲労感を感じやすくなりますが、『乳酸=疲労』ではないということが分かっています。

・お腹の中にいる乳酸菌

チーズ
乳酸と聞くと、多くの方が、腸などで活躍する乳酸菌を思い浮かべると思います。
乳酸菌飲料やヨーグルトなどの発酵乳、キムチなどの漬物に多く含まれている乳酸菌。
乳酸菌が腸に届くと、善玉菌を増やして便秘や下痢を防ぎ、体調を整えてくれる働きがあります。

乳酸の特徴

乳酸がたまった状態を多くの方が、『疲労が蓄積している』と感じる方が多くいます。
確かに、激しい運動をした後は、極端に疲れた気分になるし、体も重く感じますよね。
でも、実は『乳酸=疲労』ではないというのです。
溜まった乳酸は、エネルギーに交換されるため、筋肉をたくさん使うことで自然に体力の回復もできているのです。
だから、運動をしている人はとっても元気なんですね。

乳酸は悪者じゃなかった!

乳酸は疲労の象徴とされ、『悪者』と思っている方実に多い…。
でも、乳酸は、重要なエネルギー源で運動をすることで筋肉の疲労を早く回復させてくれる働きがあります。
『乳酸は、悪者』ではなく、『乳酸は、必要なもの』だったのです。

乳酸のメリット

乳酸は、エネルギーを生み出す重要な物質で、筋肉疲労を回復させてくれる効果があります。
今まで、乳酸がたまる感じを嫌がっていた方は、今後、乳酸がたまる感じは『エネルギー源が作られている』と意識改革すると良いでしょう。
ただし、無理な運動をし続けると、回復が追い付かず、ケガの原因になることもあるので、無理のない範囲で運動をしましょう。

乳酸を利用したダイエット方法

乳酸は、血液検査で血中量を計ることができ、スポーツ競技のプロたちは、この乳酸をスポーツにうまく取り入れています。
ただし、一般の方が、スポーツ後に血液中にある乳酸を計るのは難しいですよね。
あくまで目安として、乳酸がたまっているなと感じるということは、糖の利用が増えている事になります。
運動するポイントとして、乳酸を気持ちよく感じられる程度の運動を心がけると、効率のよい運動をすることができます。

疲労物質ではない乳酸との上手な付き合い方

疲労物質ではないといわれても、なかなか乳酸がたまりだすと、動くのが億劫になりますよね。
そんな時には、上手に乳酸がたまった状態を改善することが大切です。

・アイシング

特に、激しい運動をした後は、筋肉が熱を持った状態になります。
アイシングで冷やしてあげることが大切です。

・たんぱく質をとる

運動で消費したエネルギーを食事から摂取するのに重要なたんぱく質。
筋肉を作るのに必要な栄養素で、赤身肉、魚介類、卵、大豆製品などに多く含まれています。
なかなか、食事から十分なたんぱく質を取ることが難しい場合は、プロテインを飲むのもオススメです。

ダイエットに無理は禁物!!

ただし、ダイエットに無理は禁物です。
どんなに必死に運動したり、食事制限しても、継続できなければ、リバウンドしてしまうことに。
長く継続するためにも、激しい運動や、激しい食事制限よりも、無理のない範囲でのダイエットが大切なのです。

乳酸を使ったダイエット法のポイント

トレーニング
乳酸を上手に利用したダイエット法で最も注目をされているのが、『加圧トレーニング』です。
専用のベルトを手首や足首にまいて圧迫し、血流を抑えた状態でトレーニングすることで、軽い負荷を加えながらトレーニングすることができます。
負荷を与えながらのトレーニングのため、筋力に自信がない方や、腰痛やひざの痛みなどでランニングなどができない方でもトレーニングできるメリットがあります。
ただし、加圧トレーニングは、専門的な知識をもつ加圧トレーナーのもとで行う必要があります。
ベルトの巻き方や、巻く位置、巻く強さなどの専門的な知識をえながら行いましょう。

まとめ

ここまで乳酸でできるダイエット法や乳酸について書いてきました。
しかし、乳酸を活用してのダイエットは、まだ、専門的な知識のあるトレーナーの元で行う必要があります。
個人で自己流トレーニングは危険が伴います。
しかし、乳酸は、筋肉や疲労の敵ではなく、味方だったということだけでも知識をつけ、日々の生活の中でも乳酸を意識した活動をすることで、ダイエット効果は上がるかも!
どちらにしても無理のない範囲で行いましょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー