平成最後のバレンタイン!今年オススメの人気商品からバレンタインの歴史までを徹底調査!

2019年、平成最後のバレンタインが間もなくやってきます。
今回は、苺やリンゴなどフルーツの美味しい季節でもある2月に今年オススメのバレンタインプレゼント特集!
さらに、平成最後のバレンタインの記念に自分へのご褒美スイーツを買ってみませんか?




目次

1.バレンタインデーが誕生した起源
2.日本のバレンタインデーの歴史
3.海外のバレンタイン事情
4.日本のバレンタイン事情
5.恋人 喜ぶ定番プレゼント
6.夫が喜ぶ定番プレゼント
7.友達が喜ぶ定番プレゼント
8.自分へのご褒美プレゼントの定番は?
9.2019年注目のバレンタインスイーツ
10.バレンタインもマナーを守って楽しむコツ
11.まとめ

バレンタインデーが誕生した起源

ハート
バレンタインデーが誕生したのは今から1700年以上前の3世紀頃のお話が由来になっています。
この時代の若い男性は、戦争にいくため皇帝の命令により結婚することが許されていませんでした。
しかし、同じ時代を生きたバレンタイン司祭は、愛を知った若者を密かに結婚させていたため、皇帝の命令により死刑に処されました。
この死刑の執行日が、2月14日だったのです。
この後、独身男女がくじ引きで結婚相手を探すというお祭りを知ったキリスト教関係者が、このお祭りを禁止しキリスト教の殉教者を祀るお祭りを作るために白羽の矢が立ったのがバレンタインだったのです。

バレンタインってどんな人?

バレンタインデーは、3世紀頃実在した聖バレンタインさんを祀るお祭りです。
そんなお祭りの名前にも使われているバレンタインさんはどんな方だったのか調べていきます。

約1700年以上、ローマに実在したバレンタイン司祭。
キリスト教の教師祭かつ医師であったとも言われています。

日本のバレンタインデーの歴史

現在の日本のバレンタインは女性が好意のある男性にチョコレートを贈る日とされています。
では、そもそも日本のバレンタインの歴史についても調べていきますが、日本のバレンタインの歴史にはいくつかの説があります。

・洋菓子店モロゾフ株式会社説

1931年にチョコレートショップからスタートした現在でも人気の洋菓子店『モロゾフ』が、1932年にバレンタインを提唱したのが始まりと言われています。
当時チョコレートはとても珍しい食べ物で、宝石のような贅沢品と言われていました。
そんなチョコレートを日本で広めるために、2月14日に愛する人にチョコを贈るという文化を日本で誕生させた説。

・メリーチョコレートカンパニー説

高級チョコなどを販売するメリーチョコレートカンパニーが昭和33年にバレンタインデーを世に広めるセールを開いたのがバレンタインの始まりであるといわれています。
戦後、東京タワーの開業など復興に向けたスピードが加速する東京伊勢丹新宿本店でバレンタインセールを行ったといわれています。

・森永製菓説

超人気菓子をいくつも販売している森永製菓では、昭和35年に新聞広告を大々的に使ってバレンタインデーを一般の家庭にも広めたとされています。

いくつかの説をご紹介しましたが、日本では菓子業界の商業目的でバレンタインは広められたようです。

海外のバレンタイン事情

バラ
日本では、女性が意中の男性にチョコレートを贈る日とされていますが、海外でのバレンタイン事情についても調べてみましょう。

・アメリカ

アメリカでは、男性が、好きな女性に気持ちを伝える日とされるバレンタイン。
カードやアクセサリー、花束などをプレゼントするのが定番のようです。

・イギリス

イギリスでは、好きな人にカードに気持ちを書いて送るのが定番。
この時、カードには名前を書かないのがイギリス流なんだとか…。
何枚もカードをもらう人は返信に困っちゃいますね。

・台湾

台湾では、2月14日と7月7日の2回バレンタインがあります。
この日に好きな女性にバラを送るのが定番のようです。
バラの本数によってそれぞれ意味があるのも面白いところで

1本…あなただけを愛している
11本…誰よりあなたを愛してる
99本…一生愛し続けます
108本…結婚してください

とバラの本数によって告白の意味が違ってくるのです。

日本のバレンタイン事情

海外でのバレンタイン事情は、多くの国で男性から女性に愛の告白をする日とされるバレンタイン。
逆に日本では、女性が好意のある男性にチョコレートなどをプレゼントする日です。
最近では、意中の人以外にも、友達に「友チョコ」、会社の仲間に「義理チョコ」、家族やお世話になった方など色々な人に贈り物をする日になっています。
大手スーパーや商業施設でも、バレンタイン特設コーナーが設けられ色々なチョコなどが販売されていますね。

恋人が喜ぶ定番プレゼント

ここからは、定番の贈り物について確認しておきましょう。

恋人が喜ぶ定番プレゼント
恋人への贈り物なら、恋人と一緒に買い物へ行ったり、欲しいものを買ってあげるのも一つの手!
ですが、やっぱりサプライズ好きの恋人だったり、自分が恋人にサプライズを仕掛けたい場合の定番プレゼントは…

①財布
②キーケース、キーリング
③ブランドもののマフラーや手袋
④有名店のチョコレート
⑤時計や貴金属
と、ちょっと高価なプレゼントがずらっと並びますね。

夫が喜ぶ定番プレゼント

では、続いて、夫に送るバレンタインプレゼントの定番!

①チョコレート
②お小遣い(現金)
③家族で外食
④財布
⑤家族旅行

恋人時代よりも家族と一緒に過ごせるサプライズイベントが特に人気があるようです。
普段行かないお店でディナーをしたり、旅行を楽しむのも良いですね。

友達が喜ぶ定番プレゼント

①面白チョコ
②面白雑貨

などの面白アイテムを贈ってもらえるのが嬉しいみたい。
金額的も安価なものが好まれる傾向にあるようです。

自分へのご褒美プレゼントの定番は?

最後に自分へのご褒美バレンタインの定番についても調べてみます。

①ブランドチョコ
②豪華な外食
③エステ
④ブランドバックなど
⑤時計

などを自分にプレゼントする方が多いようです。

2019年注目のバレンタインスイーツ

平成最後となるバレンタイン!
2019年注目のバレンタインチョコレートを特集します。

・金箔で高級感アップ

平成最後のバレンタインだからこそ、金箔を入れて高級感をさらにアップさせたチョコレートに注目が集まっています。

・体験型バレンタイン

バレンタインでプレゼントされるチョコは、すでにキレイに出来上がっているものがほとんどですが
2019年注目のチョコは、送られた人が自分で作り上げる体験型チョコレート!
お城やお菓子のお家などをその人の感覚で飾り付けができるのが面白いところ。
お菓子の家

・定番のブランドチョコ

定番ブランドチョコも見逃せないところ。
ゴディバなどの海外ブランドもものから、日本のパティシエが作り上げたものなど国内外の有名チョコも今年の人気チョコ。
今年は、平成最後という点でも、あまり値段に糸目をつけない方が多くなるのではないかと考える店舗が多いのも特徴のようです。

バレンタインもマナーを守って楽しむコツ

最近では、会社や学校でのバレンタイン禁止令を出すところが増えています。
特にマナーを守らない方がたくさんいるようです。
元々愛を伝える為に生まれた日なのですから、最低限のマナーを守って楽しいバレンタインを過ごしたいですよね。

マナー違反な行動
・嫌がっている相手を待ち伏せる行為
・アレルギー等で食べれない物を無理に渡す
・お返しを要求する

などの言動には気を付けましょう。

まとめ

チョコレート
今回は、平成最後のバレンタインデーについてや、バレンタインの歴史についてなどをまとめました。
まもなくやってくる平成最後のバレンタインも、多くの人が、愛に包まれる日になることをねがっています。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー