背中のはみ肉ダイエット

水着になる前に確認を!背中のはみ肉を短期間に引き締める方法!!

2018年の8月ももう後半!
だんだん涼しい日が増えてきましたが、それでもまだ夏は続きます。
今年は台風や雷雨が多く、プールや海にまだ行けていないという方多いですよね。
そこで、これからプールや海で水着を着るという方向けに短期間に気になる背中のはみ肉を引き締める方法をご紹介します!




目次

1.背中のはみ肉
2.なぜ背中にはみ肉ができやすい?
3.はみ肉を作らない方法
4.背中を引き締めてはみ肉を短期間で除去!
5.美しい背中を手に入れるために
6.夏はこれから!まだ間に合うダイエット

背中のはみ肉

背中
ダイエットをするときの目標に
『ウエストを細くする!』
『二の腕の振袖をなくす!』
『足スラっと見えるようにする!』

などの目標を掲げる方、多いですよね!
でも、特にダイエットの時に注目した方が良い部位は背中なのです!
特に女性は、背中のはみ肉のせいで、実年齢よりも老けて見られているってご存じでしたか?

なぜ背中にはみ肉ができやすい?

背中のはみ肉、あまり気づきにくいのに、気づいてしまうと、気になるのがはみ肉です。
特に夏は薄着になるので、はみ肉に気づくチャンス!
でも、なぜ背中にはみ肉ができてしまうのかを調べてみましょう。

・猫背

背中のはみ肉の一番の原因は、姿勢の悪さなのです!
特に猫背になっていると、姿勢維持に必要な筋肉が使われなくなり、お肉がドンドンついていきます。
猫背

・運動不足

続いて、やはり運動不足!
背中は、首や腰を支える重要な筋肉がたくさんあります。
この筋肉をしっかり鍛えてあげないと、はみ肉以外にも、腰痛や肩こり、首コリの原因にもなるのです。

・加齢によるもの

年とともに下がった代謝のせいで背中にはみ肉が付きやすくなります。

・出産、育児

出産や育児もはみ肉の原因になります。
特に、妊娠中は代謝が落ち、激しい運動もしなくなります。
産後も育児で忙しく、なかなか自分の体のケアに時間を使うことができなくなってしまう事が原因です。

はみ肉を作らない方法

はみ肉ができやすい原因は分かりましたね!
では、どのようにすれば、はみ肉が作らせない方法…。
やはり、運動ではみ肉対策をするのが現実です。
っと言っても激しい運動は必要なく、まずは、姿勢を意識して歩いたり座ったりするだけでOK!
たったこれだけでも背中の筋肉はある程度鍛えられます。
なかなか運動ができない方は、背中を伸ばし、胸を張り、姿勢を意識した生活をしてみてください。

背中を引き締めてはみ肉を短期間で除去!

では、もうできてしまったはみ肉の除去方法につていもご紹介していきましょう!
姿勢が悪くなる原因の一つに、肩甲骨のゆがみがあるのです。
そこで、肩甲骨のゆがみを簡単に改善する方法が、肩甲骨をぐるぐる回す方法!
とっても簡単な方法で、

①肩甲骨ぐるぐる運動
両手を横に広げて肩甲骨をぐるぐるとまわします。(1回10セット1日3~4回)

体操

②天使の羽ばたき運動
手を腰にあて、肘を前後に動かします。
動かすときに背中に天使の羽をイメージしながら運動します。(1回10セット1日3~4回)

他にも、簡単なストレッチなどで体をほぐして代謝をアップさせましょう。

美しい背中を手に入れるために

はみ肉は、見た目年齢も老けて見えたり、太って見えてしまうデメリットがたくさん!
美しい背中を手に入れるために、日々のちょっとした心がけを変えてみましょう。
仕事の合間に肩甲骨を回したり、通勤の途中で鏡に映った自分の姿勢を確認したり…
ほんのちょっと意識を変えるだけでも、ダイエットが始まりますよ!!

夏はこれから!まだ間に合うダイエット

水着女性
夏休みも終盤!
でも、まだまだ暑い日は続きます。
残りの夏を美しい背中で過ごすために、まずは自分の姿勢を確認してみませんか?


関連記事


ランキング


おすすめ記事