新屋山神社鳥居

最強パワースポット山梨県にある金運神社【新屋山神社】の参拝後に成功した有名人と成功する参拝方法

日本には固有の宗教『神道』の信仰に基づいて、日本全国には10万社もの神社があり、偉人や霊、神様などが祀られています。
その中でも、日本国内には3つの金運神社があるといわれています。

『千葉県・安房神社』
『石川県・金剱宮』
『山梨県・新屋山神社』

この中でも、今回は、『山梨県・新屋山神社』についてご紹介しようと思います。




目次

1.日本の金運神社3つの紹介
2.『山梨県・新屋山神社』の基本データ
3.ご縁がないとたどり着けない?奥宮
4.新屋山神社を訪れた成功者
5.どんな時に参拝すべき?
6.新屋山神社の参拝方法
7.まとめ

日本の金運神社3つの紹介

日本には多くの神社仏閣がありますが、中でも本物の金運神社と呼ばれている神社が3つあります。
まずは、その3つの神社をご紹介します。

・『千葉県・安房神社』
訪れた人々へ心地よさと溢れる生命力が感じられる『イヤシロチ(弥盛地)』と呼ばれる場所が『安房神社』!
地磁気が強く、敷地内に足を踏み入れるとその溢れるパワーをヒシヒシと感じられます。
『上の宮』に祀られているのは、5柱の神様で、そのどれもが物造りの神様!
・櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)…装飾・美術の神
・天日鷲命(あめのひわしのみこと)…紡績・製紙の神
・天目一箇命(あめのまひとつのみこと)…金属の神
・彦狭知命(ひこさしりのみこと)、手置帆負命(たおきほおいのみこと)…森林・建築・武具製造の神
さらに、本殿手前の岩場には、岩をくりぬいて作られた『厳島社』があります。
祀られているのは弁財天と同一視される天照大御神から生まれた「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」。
古くから多くの人々がここで祭事を行ったといわれるほど、パワーの強い場所です。
他にも、開拓の神様や人と人をつなぐ神様などが祀られているほか、樹齢500年のご神木も!
この強いパワーを授かり運気アップをしたい方が多く参拝されている人気の金運神社のようです。
住所:千葉県館山市大神宮589
電話:0470-28-0034
時間:6:00~18:00

・『石川県・金剱宮』
石川県の隠れパワースポットと呼ばれる『石川県・金剱宮』!
企業の経営者や取締役などが多く参拝することから、「金運神社」とも呼ばれています。
金剱宮は、紀元前95年頃創建されたと伝えられなんと2000年物歴史があるといわれているのです。
そんな金剱宮で祀られているのは邇邇芸命(ににぎのみこと)、大國主神(おおくにぬしのかみ)、大山咋命(おおおやまくいのみこと)、日本武命(やまとたけるのみこと)、
事代主神(ことしろぬしのかみ)、猿田彦神などの有名な神様が祀られています。
住所:〒920-2123 白山市鶴来日詰町巳118
電話:076-272-0131
時間:終日開放・無休

・『山梨県・新屋山神社』
標高が3776mある日本を代表する活火山『富士山』の2合目にある『山梨県・新屋山神社』!
富士山自体がものすごいパワーを出していて、地磁気が乱れたり強いパワーを感じられるといった現象が多く出ますが
山梨県・新屋山神社でも、多くの方が素晴らしいパワーを感じているようです。
休みになると神社の駐車場や周辺には、高級車がズラッと並んでいる状態を見てもその実力が分かります。
新屋山神社には、本宮と奥宮がありますが、奥宮は、ご縁のあるかたしかたどり着けないとさえ言われる隠れパワースポット。
富士山のパワーと新屋山神社のパワーで金運アップ、祈願成就を果たしている成功者をドンドンだしている神社です。
住所:(本宮)山梨県富士吉田市新山1230
   (奥宮)ナビに『中の茶屋』と入力、中の茶屋を左折、そこから25分ほど直進すると左側に奥宮があります。
   (砂利道や車一台がやっと通れる道が続きますが諦めずに探してください。)
電話:0555-24-0932
時間:(本宮)5月~11月は9:00~16:00 12月~4月は9:00~15:30
(奥宮)5月~11月は10:00~15:30 12月~4月は休み
(雪の状況により奥宮へ向かう際にはスタットレスが必要になる場合もあります。)

『山梨県・新屋山神社』の基本データ

新屋山神社鳥居入口
冬季の間は、参拝することさえできない「新屋山神社」!
富士山の北東の富士吉田市にあり、本宮は河口湖インターの近くに神社があります。
最寄り駅は、「富士急富士山駅」で、そこからはタクシーを利用することをオススメします。
また、タクシー会社によっては、セット料金で本宮と奥宮を巡るコースもあるので、事前に下調べをしておく必要がありますね。
車で参拝される場合には、本宮周辺には2か所駐車場がありますが、ハイシーズンには渋滞が予想されます。
また、奥宮には駐車場はなく道路の端に路駐をすることになります。
交通の邪魔にならないよう配慮しながら車をとめましょう。

新屋山神社基本情報

住所:(本宮)山梨県富士吉田市新山1230
   (奥宮)ナビに『中の茶屋』と入力、中の茶屋を左折、そこから25分ほど直進すると左側に奥宮があります。
   (砂利道や車一台がやっと通れる道が続きますが諦めずに探してください。)
電話:0555-24-0932
時間:(本宮)5月~11月は9:00~16:00 12月~4月は9:00~15:30
(奥宮)5月~11月は10:00~15:30 12月~4月は休み
(雪の状況により奥宮へ向かう際にはスタットレスが必要になる場合もあります。)

ご縁がないとたどり着けない?奥宮

ここまでに何度も言っていますが、新屋山神社には本宮と奥宮があり、本宮は誰もが参拝できる立地にあります。
しかし、奥宮への参拝は、間違いなく、徒歩では難しいと思います。
また奥宮があるのは富士山の2合目付近のため、冬になると深い雪に覆われます。
そのため、冬季(11月~4月)までの間は参拝ができません。
そして何より、そこに奥宮があることを知らないとまず発見することは難しい神社
と言っていい場所に奥宮があります。
本宮を参拝すると奥宮への行き方を記したプリントももらえますが、運転が不慣れな方だと途中で引き返してしまう道のりです。
まさしくご縁がないとたどり着くことのできない神社と言えるのが『新屋山神社』なのです。


新屋山神社を訪れた成功者

新屋山神社を訪れた方々の中には、超有名な経営者も多数!
そんな中で、新屋山神社を金運神社として有名にしたのが
経営コンサルタントの会社で上場もしている船井総研創業者『船井幸雄』さん。
船井さんが、『お金に困りたくなかったら新屋山神社へいくべき』と発言したことで、CEOやCOOなど大企業の経営陣が参拝したといわれています。
最近では、IT系の社長や経営者が多く参拝していて、駐車場には品川や横浜ナンバーなどのBMW、ベンツ、レクサスなどの高級車が並んでいます。
また、仮想通貨のエイダコインの上昇を言い当てた、自称キング・オブ・コイン泉 忠司さんもこの神社を参拝している一人だったのです。

どんな時に参拝すべき?

とはいっても、誰もが参拝すればすぐに成功できるというものではありません。
努力をし続け、最後の一押しが必要な時に新屋山神社へ参拝すると神の一押しがあるといわれています。

(例)
・目標の年商まであと一押し
・業績達成まであともう一押し欲しい

など、日々の努力の結果にあと一押しが欲しいときに参拝すると目標達成ができたという方が多いようです。

まれに、

・参拝後に購入した宝くじが当たった!
・参拝後に参入した投資で大儲けできた!
・玉の輿に乗れた

などの思いもかけないところから大金が転がり込んできたという幸運な方もいるようです。

新屋山神社の参拝方法

・新屋山神社本宮

新屋山神社本宮へ到着したらさっそく神社へ参拝!と思ったあなた!!
ちょっと待ってください。
実は、新屋山神社の鳥居はたくさんあるため見落としがちですが、道路を挟んで反対側にも鳥居があり、実際の入り口はこちらになります。

鳥居をくぐっていくと、階段があり登っていくとついに神社が!!
でもここでも注意が必要な点が!!
鳥居をくぐってからの道のりは、真ん中を神様の道と言います。
そのため、参拝をする方は、端を歩きましょう。

では、続いて手水舎で手と口のお清めをしましょう。
清め方は

①左手を洗う
②右手を洗う
③左手で水をうけ、口をすすぐ
④左手を洗う
⑤柄杓を立てて、柄を洗う

という方法です。
当日忘れてしまっても、手水舎に清め方が書かれているので覚えていかなくても大丈夫ですよ。

そしてついに、参拝です。
本殿へ入ると鈴やお賽銭箱があるので、一礼後軽く鈴を鳴らしお賽銭を奉納。
姿勢を正し、『二拝、二拍手、一拝』をします。
中から神職さんが出てきてお清めをして下さります。
参拝方法についても賽銭箱前に描かれているので礼儀良く参拝しましょう。

yoko.sさん(@yoko09051)がシェアした投稿

・新屋山神社 奥宮

続いて奥宮の参拝方法ですが、まずは奥宮のお社へ!
『二拝、二拍手、一拝』
をして参拝をしたのち、隣の鳥居の奥にある古くから伝わるお社。
石でできた小さなお社ですが、周囲の雰囲気とパワーがヒシヒシと感じられる場所です。
新屋山神社奥宮 祠
この石のお社を時計回りに3回周り、願い事をすると良いといわれています。
私自身参拝した時に、この小さな石のお社の周りが歪んだような空間に感じられましたが、お社はズシッとしたパワーを感じました。
一緒にいった友達は、お社に引っ張られているようなパワーを感じたとも言っていました。


まとめ

富士山
今回は、山梨県の金運神社『新屋山神社』についてまとめてみました。
私も旅行が大好きで山梨県も何度も遊びに行っていましたが、今年初めて『新屋山神社』があることを知りました。
きっと神様から『ここに来なさい』と呼ばれている気がしていってきましたが、この記事を見ている方も、きっと神様からご縁をいただいたのだと思います。
是非、新屋山神社で素晴らしいパワーをいただきに行ってはいかがですか?


関連記事


ランキング


おすすめ記事