生理 トップ

10代の生理は生理の練習中?子供のダラダラ続く生理から病気を見抜く方法!

近年では、初経が早まる子供が多く、小学3年生くらいから生理が始まる子もいるようです。
我が子も、小学5年生の10才の時に生理が始まりました。
当初は順調だった生理も、ダラダラと血が出続け長いときには1カ月もの間生理が止まらない日々が続き、嫌がる娘を連れて何度も産婦人科を受診しました。
その経験から、子供のダラダラ続く生理と病気の見分け方をご紹介しようと思います。




目次

1.月経について
2.生理の血と普通の血は違うの?
3.生理が始まる年齢
4.早すぎる生理は病気のせい?
5.生理の周期
6.数か月生理が来ない理由
7.生理がダラダラ続く理由
8.子供の生理不順、何科に相談すべき?
9.生理の練習中だけど、注意が必要な状況
10.我が家の場合
11.まとめ

月経について

ナプキン
月経は、女の人の体が成長していくと1カ月に1回のリズムで赤ちゃんができても良い準備をします。
その準備の段階で、赤ちゃんができなかった場合、体の中に必要なくなったものを体の外に出す事を月経(生理)と呼びます。
生理は、女の子のお腹の中にある子宮で赤ちゃんを育て、産む事ができるようになったという証なのです。

生理の血と普通の血は違うの?

生理の時に出てくる血は、「経血(けいけつ)」とよびます。
この経血は、赤ちゃんが子宮にできたとき、赤ちゃんの布団の代わりになる内膜というものがはがれたもの。
赤ちゃんの布団は、毎月新しいものに変えてあげる必要があるため、毎月血が出てくるのです。
そして、ふつうのケガや鼻血の時の出血とは違うので、あわてなくて平気なのです。

生理が始まる年齢

生理は、だいたい10才~15才ぐらいから始まります。
身長や体重によっては、もう少し早く始まることもあるようですが、医学的には生理が始まりやすい体重や身長があるわけではないようです。

早すぎる生理は病気のせい?

幼児期やあまりに早すぎる場合は、病気の可能性も考えられるので、小児科の受診をオススメします。
9歳以下で初経(生理になること)を迎える事を『早発月経』とよびます。
ホルモンの影響や中には脳腫瘍などの怖い病気が隠れている事もあるので、女の子の陰部からの出血は見逃さないようにしましょう。

生理の周期

カレンダー
生理は、大体月に1度の頻度できます。
通常、25日~38日程度の間に、3日~7日間の生理が訪れます。
25日周期の子だと、時には月に2回生理がある場合もあるのです。

数か月生理が来ない理由

生理が始まってから数年は、ホルモンバランスがきちんと整っておらず、生理が何カ月も来ないということがあります。
あまり心配しすぎず、次の生理が来た時のために、ナプキンなどの準備をしておきましょう。
しかし、下腹部痛や、いつもと違う症状が伴う場合は、婦人科を受診し、生理が来ない原因を突き止めてもらうことも必要ですね。

生理がダラダラ続く理由

数か月生理がこない子がいる中、何カ月も生理が続いてしまうという子もいます。
この場合も、ホルモンのバランスによることが多いのですが、生理がダラダラと続くと、貧血を起こすこともあります。
2週間以上続く生理の場合は、婦人科で生理が止まらない理由を突き止めてもらいましょう。
中には、恐ろしい病気が隠れている場合もあるので、たかが生理と甘く見ず早めに病院を受診しましょう。

子供の生理不順、何科に相談すべき?

子供の生理不順は、婦人科や産婦人科へ受診をしましょう。
総合病院であれば、まずは、小児科で症状を説明し、今後の対応の仕方を相談するのも良いですね。

生理の練習中だけど、注意が必要な状況

子供のうちは、生理がきたり、こなかったりと、生理の練習中!
そんなときでも、もちろん、性交があれば、妊娠してしまう場合があります。
低年齢での妊娠、出産は、赤ちゃんも、子供の体にも大きな負担がかかります。
妊娠、出産に関する正しい情報を理解し、家族で子供の体を守る話し合いが大切なのです。

我が家の場合

我が家の一人娘は、10才で、初経を迎えました。
その日にお赤飯を炊いて、お祝いをしました。
が、次の生理から1カ月生理が止まらず、産婦人科を受診。
ホルモン検査やエコー検査、血液検査、甲状腺の検査などを受けましたが、病気はなく、ホルモンのバランスの問題だろうということで、様子を見ることに。
いったん収まった生理も、またすぐに出血があり、2週間止まらず再度産婦人科を受診。
血液検査の結果、貧血を起こしてしまったため、「プラノバール」を処方してもらい、生理のバランスを整えることに。
その後、3カ月ほど、生理が止まってしまいましたが、次の生理からは通常通り、約1カ月ごとの生理周期になっています。

まとめ

親子
今回は、子供の生理についてまとめてみました。
生理の低年齢化で、小学校入学直後の子供に初経が現れたということもあるようです。
女の子は必ず迎えるこの月経について、大人が正しい知識をもち、あわてずに対応してあげましょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事