運動会 トップ

今年の運動会のお弁当は簡単だけど可愛く楽しいお弁当にしたいなら試すべきお弁当作り!!

運動会シーズンがやってきましたね。
5月~6月にかけて各学校や園で春の運動会が催されます。
運動会の度に、ママたちを悩ませるのが、運動会用のお弁当!
どうやっても可愛いお弁当を作ることができないと悩んでいるママ、是非この記事を参考にして可愛く映えるお弁当を作っちゃいましょう。




目次

1.運動会のお弁当何を作ろう…。
2.運動会のお弁当はママたちのマウンティングの対象?
3.お弁当を可愛く映える仕上がりにする方法
4.超簡単可愛いお弁当に作り方
5.キャラ弁は必要ない!子供が喜ぶお弁当の作り方
6.運動会お弁当のまとめ

運動会のお弁当何を作ろう…。

お弁当の時、ママを悩ませるのが、お弁当…。
どんなに頑張って作っても、見栄えが悪いと子供たちからも不満が噴出。
さらに、気になるのが周りの目…。
最近でも、小学校や幼稚園の運動会では、クラスごとにみんなでレジャーシートを敷いてお弁当を食べるところが多いですよね。
すると、隣の芝生は青い…。
みんなのお弁当が可愛く、キレイに見えちゃうんです。

運動会のお弁当はママたちのマウンティングの対象?

実は、運動会のお弁当ってママたちのマウンティングの材料になってるって知ってましたか?
質素なお弁当やお菓子や果物の少ないお弁当では、やはり陰口を言われちゃうのかな…。
でも、冷凍食品ばかりのお弁当もイヤだ。
そんな風に悩んでいるママとっても多いですが、どうしたら可愛く映えるお弁当に仕上がるのか気になりますよね。

お弁当を可愛く映える仕上がりにする方法

お弁当を可愛く、映える仕上がりにするには、いくつかのコツがありました。

・食材の色を制する赤・黄・緑の使い方

彩り
人の脳では色の認識に時間差があるってご存じでしたか?
実は、この人の特徴を活かしたものとして、信号機が作られたのです。
赤は止まれ、黄色は注意、青は進め
実は、人間の脳は、赤が一番初めに認識できるようになっていて、次いで黄色、次いで青と色の認識に少しですが、時間差があるのです。
お弁当もこの色の認識を使い、赤や黄色、緑を上手に使分ける事で、キレイなお弁当に仕上がるのです。

・大きいおかずから詰める

お弁当を作るときに注意することは、大きいものから詰めていくこと。
大きいものは、場所もとるし、色合いも暗いものが多いですね。
そこで、大きなおかずを先に入れ、あまり大きいもの同士をくっつけて詰めないような工夫が必要です。

・すき間の使い方

大きなおかずを詰めたら、そのすき間に、色の明るい赤、黄、緑を入れましょう。

・仕切りやカップなどを可愛く意識

仕切りやカップなどを可愛いものを選べばキャラ弁でなくてもOK!
紙コップやプリンのカップ、ゼリーのミニカップなどを使っても可愛くすっきりとした印象のお弁当が出来上がります。

超簡単可愛いお弁当に作り方

キャラ弁
お弁当作りって時間もかかるし大変なんですよね。
PTAや運動会役員をやっているママにとっては、1分でも時間が惜しいはず。
そんなときは、食材の切り方を少し変えるだけでカワイイお弁当を作ることができます。
例えば、
・チーズ
・ハム
・人参
・赤カブ

など色合いがキレイな食材を花柄や星柄にカットして食材の上に乗せるだけでも可愛いお弁当の出来上がり!

キャラ弁は必要ない!子供が喜ぶお弁当の作り方

キャラ弁は、とっても可愛いし、子供のテンションも上がるお弁当!
でも、不器用ママにとっては大変な作業になります。
私もその一人で子供を育てている中、キャラ弁は今までに1度も作ったことはありません。
お弁当を作る時に子供にも手伝ってもらえば、キャラ弁は必要ないのです。

我が家では、作ったお弁当の材料を子供自身にお弁当箱に詰めてもらっています。
そうすることで、お弁当作りの大変さも共感でき、さらに、自分でお弁当を作ったという子供の満足感も味わえます。

運動会お弁当のまとめ

カップ
運動会の日のお弁当作りのコツは

・色々なカップを使って大きい食材から詰めていく
・彩りはすき間を活用
・子供にも手伝ってもらい子供の満足感もアップ

いくつかのポイントを押さえておけば、簡単に運動会のお弁当作りができちゃいます。
そのあとは、子供の勇姿を1日みてあげましょう。
そして、お弁当を食べるときは、笑って食べることが最高のスパイスになりますよ。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー