秋こそ行きたい日光と世界遺産への女子旅のススメ!!

秋こそ行きたい日光と世界遺産への女子旅のススメ!!

今年の夏は、雨が続き、夏が十分に楽しめなった方が多かったのではないでしょうか?
夏の次に来る季節は、「秋」!!
秋といえば、

・読書
・食欲
・紅葉
・旅

楽しみ方は、人それぞれでも、楽しめること間違いなし!!
そこで、今回は、秋こそ行きたい、日光についてまとめてみます。




目次

1.日光の歴史
2.日光の世界遺産
3.日光で食べたいレストラン
4.日光で楽しむ観光
5.日光のまとめ

日光の歴史

世界でも日本の観光地として知られる『日光』
日光の歴史は古く、1500年以上前までさかのぼります。
766年(天平神護2年)に、当時7才だった勝道上人が男体山の山麓に四本竜寺を建立したのが始まりとされています。
勝道上人の夢に現れた明星天子が残した言葉『仏の道を学び、日光山を開け』という言葉に導かれてての事だったようです。
その後、16年もの年月をかけて男体山の山頂を極め、男体山中腹には神宮寺(後の中禅寺)、山頂には二荒山神社を建立しました。
このことから、当時は山岳信仰の拠点となった日光は、たくさんの修行僧が入山しました。
その後の日光で最も有名なニュースといえば、江戸時代になってから訪れました。
徳川幕府・初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現が鎮座し、家康や家光など徳川の霊廟を祀ったことで山岳信仰以外に、幕府の重要な直轄地になったのです。

日光の世界遺産

上記のような歴史をたどった日光ですが、
その後は、貴重な建物や自然が今でも守られ、受け継がれ、1999年には

1、二荒山神社
2、東照宮
3、輪王寺

など、2社1寺に属する103もの建築物と周囲の景観が世界文化遺産に登録されました。
登録後も、日本人はもちろん、海外の方々も、日光の景観を守り続けているため、今でも美しく、荘厳な日光が保たれています。

日光で食べたいレストラン

日光といえば、やはり『湯葉』が有名な食べ物で知られています。
湯葉を食べれるお店は、日光市街にたくさんあり、どのお店も魅力的なんですが、今回は、さらに魅力的な日光のレストランをご紹介しますね。

■日光 山のレストラン

まさに山の中に佇む『山のレストラン』!
木々に囲まれていて、森の中で優雅な食事を楽しむことができます。
天候と気温に恵まれれば、テラスで食事を楽しむことができるのも魅力!
さらに、食事前や食事後には、レストランに2階に足を運ぶと、霧吹きの滝を眺めることができます。
食事の内容も、コースからパスタなどの1品料理までバリエーションも豊富で、味も最高!
観光客が増える紅葉時期は、予約をしないと食事をすることさえできないほどの人気店です。
せっかくの女子旅なのですから、たまには豪華なランチやディナーを楽しんでください。

住所:栃木県日光市所野1546 霧吹の滝
電話番号:0288-50-1525
営業時間:10:00~19:00(冬季は、11:00~19:00)

大好きな山のレストラン🌿

®️ira.hさん(@ri_raco)がシェアした投稿 –


日光で楽しむ観光

日光の観光地といえば、やはり、東照宮二荒山神社などの世界遺産、
中禅寺湖、華厳の滝、竜頭の滝などの自然。
など、日光には、たくさんの観光地があり、日本だけではなく、世界の方々に愛されています。
そこで、今回は、人気の観光地ながら、なかなかピックアップはされていない穴場の観光地を見つけました!!

■日光 裏見ノ滝

駐車場は10台程度の車しか止められない、穴場中の穴場の滝!
駐車場にはトイレもあるので、トイレが近い女性にも安心。
さらに、駐車場は無料でそこから10分ほどハイキング気分で歩くと滝が見えます。
大きな滝ではないので、圧巻という感じは受けませんが、大型バスで来る観光客はいないので、
滝や森からでているマイナスイオンを独り占めできてしまうのです。
幻想的な滝を静かに眺めたい人にオススメです。

住所:栃木県日光市丹勢

■西ノ湖

日光には、いくつかの湖がありますが、中でも、神秘的で静かな時間が流れるのが『西ノ湖』!
ガイドブックなどにもあまりのっていないので、たくさんの観光客がいないのが魅力!
キレイな湖と、湖にうつる山々の四季折々の姿…。
中でも、秋に行くと、美しすぎて言葉では言い表せない『美』がここにあります。

住所: 栃木県日光市中宮祠

日光のまとめ

今回は、女子旅にオススメな秋の日光についてまとめました。
秋こそ、楽しめる日光の魅力を体で、舌で、心で、感じてみてください。
秋以外にも魅力がたっぷりな日光は、やはり世界の観光地なんですね。


関連記事


ランキング