akumatennso

魔の2才を過ぎたら悪魔の3歳!2才~3歳の特徴と接し方を先輩ママが解説!!

魔の2才
悪魔の3才

って子育てをしている方はご存じですよね。
すでにこの時期を過ぎた方は、「大変ねぇ」と笑えますが、今この時期を迎えようとしている、この時期の真っ盛りの方は大変なはず。
そこで、今回は、魔の2才、悪魔の3才についての解説とその特徴、この時期の子供の接し方と、その先の天使時期についてご紹介します。




目次

1.魔の2才「イヤイヤ期」の子供の特徴
2.2才児のイヤイヤ期の理由
3.魔の2歳児への対応法
4.悪魔の3才「自己主張で反抗期」の子供の特徴
5.3歳児の自己主張で反抗の理由
6.悪魔の3歳児への対応法
7.魔の2歳児、悪魔の3歳児を経験したままの実体験
8.本当に天使の4歳児になれるの?
9.辛い時は同世代のママに愚痴を聞いてもらいましょう!
10.まとめ

魔の2才「イヤイヤ期」の子供の特徴

泣く
子育て経験がある方や今子育て中の方ならだれでも知ってる「魔の2才」、「イヤイヤ期」!
2才前後、1才半~3才位までの子供に見られる特徴で、なんでも「イヤ!!」と否定するこの言動!
実は、反抗期の一種で「第一次反抗期」といわれる時期なのです。
この時期の子供はイヤイヤの表現以外に、なんでも自分でやりたがるという特徴があります。

2才児のイヤイヤ期の理由

2才頃にイヤイヤ期を迎える原因は、

・自我の芽生え

自分の気持ちというのが芽生え始めます。
子どもの成長は喜ばしいことなのですが、2才頃だと自分の気持ちを言葉で伝えることは上手にできませんよね。
そこで、とっても簡単な言葉で自我を表現できる「イヤ」を多用するのです。

魔の2歳児への対応法

この時期の子供は、何を言っても、何をしても自分の思い通りにならないと「全部イヤ!!」
そんなときの対処法は

・注意を他にむける

泣く原因から注意をそらせてあげると、いったん泣くことも落ち着きます。
おもちゃやお歌、手遊びなどでなだめてあげると、子どもは安心でき、親との信頼関係を上手に作り上げることができます。

・ちゃんと理由を説明する

子どもも自我が芽生え始めている時期なので、頭ごなしに怒っては子供のイヤイヤは増すばかり!
そんな時は、

「今は○○だから終わりにしようか」
「お腹が空いたでしょ?お家に帰ってお昼ごはん食べよ」

などしっかり理由を説明すれば子供もだんだん落ち着いてくるはず

・イヤイヤに付き合う

ママの負担は大きくなりますが、イヤイヤにしっかり付き合うという方法もあります。

「そっか!○○ちゃんは○○したかったんだ」
「○○ちゃんの考えは分かったよ!」

と、子供の気持ちに寄り添ってあげるとだんだん子供の怒りも静まりママが怒りを受け止めてくれた事で満足へと変化していきます。

・時間やルールを説明する

子どもの自我が芽生えているということは、ある程度のルールも認識できるはず。
遊び始める前に遊ぶルールや遊べる時間を説明し、遊び終わりにはルールを守ったお片付け、時間で区切った遊びを子供と親が共同で作り上げる方法もあります。
子どもにも理解しやすい言葉で、伝えてあげることで、集団生活開始前に社会のルールや友達との付き合い方などを学ぶことができるのです。

悪魔の3才「自己主張で反抗期」の子供の特徴

おt子の子
次に気になるのが、「悪魔の3歳児」について!
魔の2歳という言葉を聞いたことがある人は多くても、悪魔の3歳児は聞いたことのない人も多いはず。
3才頃の子供は、2才ころより、知識も思考も体力もすべてがパワーアップしているのに、思ったことがそのまま言葉に出てしまったり、行動に出てしまうのがこの時期の子供の特徴。
とにかくすべてに反抗する上、この反抗の仕方も、2才の頃よりパワーアップした力で親に向かってくるので悪魔のように見えてしまうという親が続出しているのです。

3歳児の自己主張で反抗の理由

この時期の子供は、まだまだ赤ちゃんの部分と体力や言葉数は成長しているアンバランスな状態。
こんな状態にプラスして有り余る体力が合わさり、大人を疲弊させてしまうのです。

悪魔の3歳児への対応法

この時期の子供への対処法は

・子供の言い分を先に聞く

親の言い分は後回しで子供の言い分をしっかり聞きましょう。
子どもは、自分のつたない言葉を大人が一生懸命聞いてくれる事を覚えると、暴力や体力で大人に向かってくることが減っていきます。
しっかり言葉で話をすれば大人が理解してくれるという状況を作ってあげましょう

・問題をすり替えない

子どもがイライラしている時に、問題をすり替えてしまうと今後も同じように問題をすり替えていかなければなりません。

「お菓子をあげるから!」
「○○買ってあげる」

と問題とまったく関係のない交換条件を使わないようにしましょう。

魔の2歳児、悪魔の3歳児を経験したままの実体験

「魔の2歳児、悪魔の3歳児」をガッツリ経験したままの実体験をご紹介します

・34才 2才4才育児中

まさに今、魔の2歳児の娘と、悪魔の3歳児を卒業したての4才の娘の育児中。
朝起きた瞬間から
「朝ごはんいらにゃい!」
「トイレちない!」
「歯磨きイヤ!」
「お着替え、絶対イヤぁぁぁぁ」
と大暴れの娘と
「ママママママママ、嫌い」
とイラッとする一言を言ってくる4才の娘。
毎日毎日イライラが募ってしますが、二人の子供の寝顔を見ると怒りも落ち着きます。
早くこの魔の時期を抜けだしたい。。。

・41才 13才育児中

今、中学2年生になった息子。
魔のイヤイヤ期の時期は、激しい方で毎日苦しんでいましたが、今の第二次反抗期は半端じゃなく大変です。
10年前のイヤイヤ期がどれだけ可愛い時期だったか、最近では毎日のように思い出しています。

・39才 12才7才3才の3兄弟育児中

男3兄弟だからイヤイヤ期も悪魔の3才時期も、第二次反抗期も大変なんだと思っていましたが、みんなそれぞれ苦しんでいるんだと知りました。
大変な思いをしているのは、自分だけではないと知った日から心が軽くなり、育児も楽しくなりました。
子育ての悩みを相談できる友達を持つって大切ですね。

本当に天使の4歳児になれるの?

子ども
イヤイヤ期の時期には、あと2年で楽になるよ!!
悪魔の3才時期には、あと1年で楽になるよ!!

と言ってもらえても、本当にそんな日がくるのか不安になりますよね。
そして、今育児真っ盛りの方にとっては、楽になる日がくるなんて遠い先の未来に感じられたり。
でも、安心してください!
本当に振り返ってみると、「あんな時もあったな」と笑って話せる日が必ず来ます。
その時期が、多くの子の場合、幼稚園に入園したころ、4才頃から訪れるのです。
子どものタイプによって誤差はあるものの、4才~5才ころになると相手の気持ちを考えることのできる子も増えるので、育児が楽になる日が必ず訪れます。

辛い時は同世代のママに愚痴を聞いてもらいましょう!

育児中のストレス発散法は色々ありますよね。
・一人カラオケで大声熱唱
・一人でとにかく爆睡
・美味しいランチへお出かけ
・洋服など欲しいものを爆買い

などありますが、ママの気持ちを一番落ち着かせてくれるのは、やはり同世代のママとの雑談
同じ時期の子供を持っている事で、悩みも似ていたり、その悩みへの対処法などママ同士で情報交換ができます。

まとめ

育児中は、子供のことで頭がいっぱいになり、辛い事ばかりに感じられてしまいます。
そんな時は、みんな同じような悩みを持っているということを忘れず、子供と向き合いましょう。
時には、ママ一人の時間も確保しながら、大変な時期の育児も笑ってやりすごしたいですね。


関連記事


ランキング


おすすめ記事

カテゴリー