2017年注目の浴衣についてまとめてみた!!

2017年注目の浴衣についてまとめてみた!!

皆さん、暑い暑い日々が続いていますね。
まだ、6月だというのに真夏日一歩手前の日が続いていますが、夏といえばお祭り!
祭りと言えば、浴衣ですよね!
今回は2017年注目の浴衣についてまとめてみようと思います。




目次

1. 浴衣ってそもそもの起源
2. 浴衣と着物の違い
3. 定番の浴衣セット
4. 2017年注目の人気浴衣
5. 浴衣まとめ

浴衣ってそもそもの起源

今は海外の方にも人気の高い浴衣ですが、日本人なのですから、一応浴衣の歴史も調べておこうと思います。
現在では、浴衣と聞くと、夏の風物詩という印象ですが、元々浴衣は麻の着物の事を指しお風呂上りに使っていたようです。
その始まりは、平安時代!!
当時は、貴族などのお金持ちが使っていましたが、江戸時代になると、庶民にも広くひろまりました。
その後、明治時代以降は、現代と同じ夏の風物詩として着られるようになりました。

浴衣と着物の違い

浴衣と着物のどこが違うのか…

誰しも一度は考えたことがあると思います!
私も、茶道教室へ通っていた時、先生にこの質問をして笑われてしまったことがありました…(涙)

浴衣と着物の違い

①寝巻きで着れるかどうか

 寝巻きで着れるものが浴衣
 寝巻きで着れないのが着物

②長じゅばん(半じゅばん)を着るかどうか

 長襦袢(半襦袢)を着るのを着物
 長襦袢(半襦袢)を着ないのを浴衣
で、実は、浴衣と着物の違いはこの2点だけなんです。
見た目も似ていて浴衣は着物の仲間なんですね。

定番の浴衣セット

浴衣の定番と言えばレトロモダンな浴衣
アマゾン⇒
https://www.amazon.co.jp/20%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B5%B4%E8%A1%A3%E3%81%8C%E9%81%B8%E3%81%B9%E3%82%8B%E7%A6%8F%E8%A2%8B-%E6%
B5%B4%E8%A1%A33%E7%82%B9%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83
%BC%E3%82%AF%E8%AA%BF-%E6%B5%B4%E8%A1%A3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B01JU8YUOE/ref=sr_1_2?s=apparel&ie=UTF8&qid=1497413680&sr=1-2&nodeID=213153105
1&psd=1&keywords=%E6%B5%B4%E8%A1%A3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88
モダンでアンティーク調の柄が女の子らしさを引き出してくれること間違いなし!
男性って意外にシックな色が好きな方多いですよね!
浴衣、帯、下駄の3点セットで格安販売されています。

ヤフー⇒
https://store.shopping.yahoo.co.jp/ohkini/kawaii-yukata.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title
こちらもレトロモダンな柄!
なんと、20柄から好きな柄が選べるのが魅力!
浴衣、帯、下駄の3点セットで大人気の浴衣セットが激安で購入できます。

2017年注目の人気浴衣

アマゾン⇒
https://www.amazon.co.jp/dp/B071Z6LPCV/ref=sr_1_19?s=apparel&ie=UTF8&qid=1497414202&sr=1-19
&nodeID=2131531051&psd=1&keywords=%E6%B5%B4%E8%A1%A3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88
2017年注目の浴衣は、本格的な浴衣だけど、つくり帯で帯の失敗なし!
柄も選べるから、全色ほしくなっちゃう可愛さ!!
ヤフー⇒https://store.shopping.yahoo.co.jp/kimonomachi/036593.html
大正レトロモダンな浴衣が、2017年の一押し!
古典柄でも、可愛い柄で、どんな方にも合わせやすい全20柄!
今年は、レースなどの装飾の少ないレトロモダンなガラがオススメ!
レディースものと一緒に彼や旦那さんの着る紺色の浴衣も一緒に注文して今年は浴衣カップルで花火大会やお祭りに出かけてみてはいかがですか?

浴衣まとめ

近年では、浴衣と聞くと、夏の女性が着るものというイメージを抱く人も多いですよね。
でも、昔は、寝巻きとして使われていたなんて、驚きでしたね。
日光や箱根、京都などの観光地に行くと、浴衣を着ている外国の方に出会う事も多くなりましたよね。
日本で古くから使われてきた浴衣を知って、正しく浴衣を着こなして浴衣美人になっちゃいましょう。


関連記事


ランキング