entoransu

アラフォー女子が行く那須の旅!『那須別邸回 編』!

夏の避暑地としても有名な栃木県那須町!
東日本大震災後には、原発事故の風評被害で観光客も一時減ってしまいましたが、最近ではまた人気の地に!
でも夏の人気の高い那須ですが、実は冬も美しい銀景色が見れる地として人気なんです。
今回は、アラフォー女子が女子旅で行った那須の『那須別邸回』についてまとめてみまぁす!




目次

1.那須別邸回の概要
2.どんな旅館?
3.那須別邸回のお勧めポイント!
4.気になる料金は?
5.那須別邸近くの観光スポット
4.冬はスタッドレスは必要?
5.まとめ

那須別邸回の概要

那須塩原駅から少し離れた地にある新那須温泉 山水閣 別邸回または、那須別邸 回と呼ばれる旅館。
日光国立公園那須高原にあり、旅館の下の方には皇后両陛下がお泊りになられる那須御用邸も!

那須別邸回は、那須高原の老舗宿「山水閣」の創業65年を記念して別邸として建てられた旅館です。

那須では有名な旅館で、旅行雑誌などでは『一生に一度は泊まりたい宿』と特集されることが多い宿。
山水閣、別邸回、両方ともとっても人気のある宿なんですねぇ!

あちこも、2カ月前に予約をしようと電話するとすでに残り2室しか残っておらず人気の高さを感じましたよぉ!(^^)!

そんな那須別邸 回の概要は…

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本206
電話番号:0287-76-3180
⇒那須別邸 回の公式サイトはこちら

どんな旅館?

那須別邸回には、9つの客室がありますが、すべての部屋の作りが違い、部屋が違えば何度宿泊しても楽しめる魅力があります。
9つの部屋のうち、一番広い部屋は「離れ」のお部屋!
8つの部屋には、主室、寝室、お風呂、和室のほかに離れにはリビングも備わっています。

そして、すべての人が寛げるようにと配慮されているのが、子供さんが泊まれる部屋は限られているということ!
お子さんが泊まれる部屋の下には、従業員用スペースしかなく、お子さんがどんなに騒いでもOKなんですって(*^-^*)

お子さんがいる方も、友達やカップル、夫婦、家族と大人だけで宿泊の方も、だれでも心からゆっくりできる環境が、ここにはあるんですねぇ(^O^)

それと、忘れちゃいけない、客室半露天風呂!
雪の季節にはうれしい半露天風呂ですが、温かい温泉に入りながら雪景色を堪能することができますね。
あと、客室でいただける、最高の料理!
那須で食事と聞くと、「大田原牛」を連想する方多いとおもうんですよねぇ!

でも、那須別邸回では、夕食時に那須牛の豆乳しゃぶしゃぶを出してくれるんです!
この那須牛、生産者が5人しかおらず、とっても貴重なお肉なんですって!!
でもお値段は、大田原牛よりもお手頃に買えるということで、那須御用邸にお泊りになられる時には天皇皇后陛下もお食べになられているというお肉なんですって!
(細かなところまで、いろいろとお話をして下さる仲居さん、くどくない話し方で聞いてて楽しく聞けるお話の仕方が楽しかったです(*^-^*))
温泉

那須別邸回のお勧めポイント!

すでに、那須別邸回のポイントをお話してきたので、これ以上お勧めってあるの?って感じですが、あるんです!!

那須別邸回のお勧めポイントは、3つ!

①つかず離れずの接客

馴れ馴れしくなく、気さくに話かけてくれる仲居さんの絶妙な距離感!
旅館に到着後からチェックアウトまで何人かの仲居さんにお会いしましたが、皆さんの印象がこんな感じなんです。
きっと、面接の際に気立ての良い方だけを採用してるのか、しっかりとした教育指導をしているのか、本当に関心しました。
(私もこの気立ての良さがあれば、結婚できるのかなぁ…(T_T))

②山水閣の温泉も入り放題

那須別邸回には、客室半露天風呂しかないため、温泉を楽しみたい方には、ちょっと物足りない感じもします。
でも、山水閣には、大浴場が男湯、女湯と、時間制の貸切露天風呂が2つもあり、別邸回に宿泊している方も山水閣の温泉を利用できるんです。
散歩がてら外に出て、温泉に入りに行くのも良いものでしたよぉ(^◇^)

③ラウンジ206

那須別邸回1階にある「ラウンジ206」!
20時~23時の間、バーとしてオープンするこのラウンジではお酒はもちろん、甘味を楽しむこともできちゃいます!
お酒が飲めない私みたいな方でも、お酒を飲む方と一緒に楽しくお話できる空間が、本当に最高の大人の空間でした!!

気になる料金は?

那須別邸 回の気になる料金ですが、別邸回の前に山水閣さんの料金についてご案内!
別邸回さんより、山水閣の方が少しお安く泊まることができます。
客室の中で露天風呂が付いている客室は3つ、露天風呂付客室の場合で、29,000円~32,000円、土曜日と連休中はもう少しアップしますね。

続いて、那須別邸回さんの1泊のお値段ですが、一番安いお部屋で35,000円~…。
一番高いお部屋で、52,000円~…。
そして、土曜日と連休中はさらにお高くなります…。
今回、アチコは、クレジットカードのポイントを5年間貯め続けてやっと来れましたが、そう簡単に行ける値段設定ではないものの
それでも、接客、お料理、温泉、そのどれも素晴らしく、一生に一度は泊まりたい宿と呼ばれることが理解できます。

那須別邸回近くの観光スポット

なすだけ
那須別邸回は、那須インターから車で15分ほど走るとつく好立地に建つ旅館。
周辺にはコンビニなどはなく一見不便そうですが、那須インターまで戻ると那須アウトレットがあり何でも手に入る便利さ!
那須アウトレットも女子旅にはお勧めなのですが、ここでは買い物以外の観光スポットをご紹介しますね(^◇^)

①藤城清治美術館

芸術作家・藤城清治さんの制作活動の集大成が見れる『藤城清治美術館』!
劇場型美術館として注目の高い美術館で天井や壁面、床などすべての空間を利用して素晴らしい作品が並びます。
影絵の世界に足を踏み入れた体験ができたり、那須の自然を満喫したり、チャペルで神聖な気分を体感したりと色々な楽しみ方ができます。

住所:〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203
電話番号:0287-74-2581

②那須どうぶつ王国

動物番組でよく出ることの多い那須どうぶつ王国!
鳥のショーや猫のショーなど、いろいろなショーが楽しめるほか、世界一動かない鳥、ハシビロコウと目の前で見れたりと珍しい動物もたくさん。
冬季限定で、猫と一緒にこたつに入って温まる『ねこコタツ』が行われています。
動物好き女子なら、絶対に外せない観光スポットですが、冬季はお休みも多いので、事前に開園時間などを確認しておきましょう。

住所:〒329-3223 栃木県那須郡那須町大島1042-1
電話番号:0287-77-1110

冬はスタッドレスは必要?

kuruma
那須の冬は、とにかく寒いです。
そして雪もかなりの量降ります。
アチコも、12月27日に那須に行きましたが、大雪で前が見えないほどの吹雪…。
東京在住で雪をあまり見ない生活のため、雪が降り始めたときはワクワクしちゃいましたが、そのうちに大変な思いをすることに!!

実はCMでは、スタットレスを付けていれば雪の上も、凍りの上も「キュッ」と車が止まると宣伝していますが、猛吹雪の中では止まりません!!
滑るし、坂道で止まるとタイヤが空回りして前に進めなくなるし、スタッドレスでもこんな状況です。

ノーマルタイヤだったらと想像するだけで、寒気がします…。

雪に慣れているという方も、那須に車で行く際には、スタッドレスを着用していきましょう!!

まとめ

今回は、那須別邸回についてまとめてみました!
夏も冬も楽しめ、季節によってまったく違う景色を見せてくれる那須。
そんな那須にある那須別邸回!
オーナーのお家、会社、その次に帰る場所を想定して作られた別邸 回に是非、皆さんも帰ってみてください。
きっと、3つめの居場所が見つかるはずです。


関連記事


ランキング


おすすめ記事